ヘルシオで野菜たっぷり肉詰めピーマンも大量に楽々

ヘルシオで野菜たっぷり肉詰めピーマンも大量に楽々

フライパンや鍋がメインの調理器具だった時は、やらなかったことも、ヘルシオだとやる気になります。

玉ねぎもスピード炒めで10分で完了

ピーマンの肉詰めは、半分に切ったピーマンにハンバーグのタネを詰めるだけ。
けれど、面倒で今まで作ったことがありませんでした。

けれど、ヘルシオなら、簡単です。

まず、寝る前に玉ねぎのスピード炒めをセットします。10分で焼き終わるので、寝る前じゃなくてもいいんですが、冷めるのを待たなくていいので楽チンです。
今回は、あらみじん切りにした玉ねぎ(中)を焼きました。

翌朝。
解凍しておいた挽肉に、玉ねぎ、卵、塩、胡椒、パン粉、炒めた玉ねぎを入れて、ハンバーグのタネを作ります。
ひき肉250グラムと、玉ねぎ1個半くらい使ったと思います。

分量はそれほど気にしません。
家にあるひき肉のうち、使いたい分だけ解凍し、全体の柔らかさを見ながら入れる玉ねぎの分量を決めます。

何度も言いますが、ひっくり返さなくていいので、少々、タネがゆるくてもよいんです。

半分に切ったピーマンに詰めて天板に並べ、これもスピード焼きで10分。

出来上がったのがこちらです。

スピード焼きの速さと美味しさ

ハンバーグを作ったときも書きましたが、何しろ、ひっくり返さなくても良いし、一度に大量に作ることができるのが嬉しいです。

ヘルシオでハンバーグは最強。ソースが不要で大量に作れる。

タネが余れば、丸めてミニハンバーグにし、一緒に焼いてしまえば、お弁当にそのまま使えます。

子ども達にも、苦手そうなピーマンをモリモリ食べてもらえるし、言うことなし!

ヘルシオに限らず、密閉調理器具活用で、苦手な台所仕事も苦でなくなっています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す