世界一ふざけた夢の叶え方ひすいこたろう , 菅野一勢 , 柳田厚志 (著)の予祝をやったら、沈んでいた夢が浮かんできた

世界一ふざけた夢の叶え方ひすいこたろう  , 菅野一勢 , 柳田厚志 (著)の予祝をやったら、沈んでいた夢が浮かんできた

友人とのオンライン朝活で、世界一ふざけた夢の叶え方の予祝をやってみたら、忘れかけていた夢をおもいだしたこと

年内に叶ってしまう予定のこと

「さ!エレベーターピッチだよ!」とリーダーの方が言われて、「え〜〜年内に叶える予定のこと?どうしよどうしよ??」と慌てた私。使ったのは、この本です。

「エレベーターに乗っている間に、口にした願いが叶うんだよ。さ、言ったもんがち!」

え?え?年内〜〜??
ドギマギしている私を尻目に、いや、オンラインですから、尻目にはできないんですが、次々に他の参加者が口にしていきます。

今はもう12月だとして、「すでに叶ったこと」の報告会をするのです。
報告を受けて、他の参加者がフィードバックします。

「あの勢い、すごかったよね〜〜!」
「絶対にやるって思ってたけど、本当に実現しちゃったね!」
「あそこでテレビに出たから、一気に知名度が上がったよね!」
「何しろ、ブログのPVが10万だったのは、驚いたよ!」

はい。
どれも、まだ叶ってはいないんですが、口にして、みんなからフィードバックをもらううちに、どんどん「叶ったこと」が増えていきます。

それ、ちょっと諦めかけていたよね

順番が回ってきて、私が最初に話したのは、「ホノルルマラソンの完走」でした。
これは、以前から、オープンにしていることでした。

みんなから「すごかったよね!」「さすがだわ〜〜」とフィードバックをもらううちに、調子に乗って来た私は、以前、ブログにも書いて、ぼんやりと考えていた「ギャッベの故郷であるイランに行く。」ことも口にしてみました。

手織り絨毯ギャッベを足元に、思春期子ども達にも優しくなれる不思議


イランに行って、織り子さんから結び方を教えてもらいたいな〜。
きっと、一日中、織っていられるだろうな〜。どんな雄大な景色を見ていたら、あの図柄を織ることができるようになるのかしら。

いいな〜。そんな生活。
ぼんやりと夢想しながら、朝活の予祝は終わりました。

その後、私の中で、もう一つ、夢があったことを思い出したのです。

それは、タディングレースで作品を作りたいってこと。
一度、チャレンジしているのですが、難しすぎて諦めかけていました。

けれど、あの美しい繊細な作品を自由に作ることができたら、どんなに素敵かしら。

そんなこんなで、ネットを検索していたら、
「Pinterest(ピンタレスト)とは? インスタグラムとの違いや基本的な使い方を知ろう」
を見つけました。

ピンタレストで、ギャッベやタディングレースのお気に入りの作品を集めて眺めているだけで、かなり幸せ度がアップ!

こうして、身近に好きなものに囲まれていたら、夢も沈まないですむかしら。
そんなことを考えた予祝でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す