ホノルルマラソンに向けてMomonaランニングクラブのトレーニングをちゃんと始めたこと。

ホノルルマラソンに向けてMomonaランニングクラブのトレーニングをちゃんと始めたこと。

本当にフルマラソンを走ることを決めたので、ちゃんとトレーニングを始めたお話です。

めざせ!ホノルルマラソン!

なぜホノルルでマラソンを走ろうと思ったのでしょうか。

実は、最初は、そんなつもりもなかったんです。
ハーフマラソンを走れればいいなくらいでした。
もちろん、5キロも10キロも走ったことはありません。

週末ランでハーフも走れる!今年の目標に加えることができた理由


けれど、Momonaランニングクラブのマラソン合宿に行ったら、ホノルルマラソンに参加したという60代、70代の方が、みんなみんな楽しそうにお話されていたので、「何だかいいな〜」と思っちゃんたんですね。

momonaマラソンクラブ合宿 in 上諏訪


ホノルルマラソンは、時間制限がありません。
おおよそ2万5千人の参加者が思い思いに走るお祭りなんです。

普通のフルマラソンを走ったよ!というより、ホノルルマラソン走ったよ!って言う方が、かっこいいな〜という、ただそれだけ。

周りからも「お〜〜!そうなんだ!」って言ってもらえそうだし、何より、自分自身が「お〜〜!!私ってすごい!」ってなりそうです。

まずは、コツコツトレーニング

ホノルルマラソンは12月中旬です。
今から4か月半後。
Momonaランニングクラブでは、ホノルルマラソン当日までのトレーニングメニューを個別に毎月作ってくれます。その人の体力に応じて作ってくれるので安心です。

焦る気持ちもちょっとあるのですが、Momonaランニングクラブのコーチの方から、

まずは
「最初はとにかく、ウォーキング60分とスクワット100回です。9月から少し走りましょう」と言われました。

3か月で細胞はすべて生まれ変わりますから、大丈夫なんだそうです。

今までは、ちょっと手抜きでしたが、今月から真面目に毎日頑張ります!
以前、やっていたGood Habits 習慣を身につけるためのアプリも再開しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す