ライフシフトの人生100年、これまで子供達と暮らせたありがたさ

ライフシフトの人生100年、これまで子供達と暮らせたありがたさ

もともとは、ぐうたらな性格でしたが、子どもと暮らすことで、ましな生活をするようになったというお話です。

一人暮らし歴10年

結婚するまでに一人暮らしを10年やりました。

親元を離れた最初の頃は、自由が嬉しくてたまりませんでした。

そんなに厳格な親でもなかったのですが、とにかく自由を満喫していたと思います。

その頃の私といえば、
片付けは苦手で整理整頓も好きじゃない
甘いものもパクパク食べたい
夜更かしも寝坊も大好き
自炊も、野菜の皮をむいたり、残飯の後始末をしたりするのが億劫でした。

それが、曲がりなりにもまともな生活をしているのは、やっぱり子どもが生まれたおかげだと思うんです。

親になった手前、それなりにしなくちゃ

親になったら、あんまりだらしないといけないかなぁと思っちゃいます。
自分ができてないのに「片付けしなさい」なんて言えないしなぁ。

丈夫な身体になるには、やっぱり野菜をたくさん食べてもらわなくちゃね。

汗もたくさんかくし、風邪をひくと直ぐに吐いたりするから、布団も清潔にしとかなくちゃ。
お日様に当てると、気持ちいいよね!

外食もいいけど、お家でゆっくり食べるのは、やっぱりいいね!

などなど。

そうこうして振り返ってみると、本当に子どもがいるおかげです。
ライフシフト-人生100年時代の人生戦略を読んでみました。すると、これからの人類は、人生100年も生きていくそうなんです。

すると、私の人生もまだ折り返しということになります。

まもなく子どもが巣立ちなんですよね。

私、子どもがいなくてもちゃんとした生活ができるかしら?
それがちょっと心配なワタクシでした。

せめて、まめにお客様を呼んで、整理整頓がきちんとできるようにしようかな。
そういえば、以前もお客様が来たときに、お家がきれいになったことがあったのでした。

リアル来客来たる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す