ヘルシオスピード焼き10分で、こんがりパン粉が不要のトンカツができた!

ヘルシオスピード焼き10分で、こんがりパン粉が不要のトンカツができた!

子どもたちの大好物トンカツ。ヘルシオの取説だと「こんがりパン粉」を作ることになってますが、なくても美味しいトンカツができるというお話です。

最強!スピード焼き10分

今回は、2種類のトンカツをスピード焼き10分で作ってみました。いずれも、こんがりパン粉は使いません。こんがりパン粉は、一度作ったことがあるんですが、上手に作れなかった上に、どうも食感が苦手なんです。

まずは、ちょっとだけ油プラスのトンカツ

1 トンカツを作ります。
  豚肉に塩・こしょう、小麦粉、溶き卵、パン粉を順番につけます。

2 トンカツには豚かたまり肉がオススメ!
  以前は、トンカツ用にスライスしている豚肉を買っていたのですが、大きくて扱いづらいんですよね。

  最近は、豚かたまり肉を買って、好きな大きさに切って作っています。こうすると、焼きあがったトンカツをスライスしなくて良いし、とっても便利ですよ!

3 トンカツに油を付けます。
  平たいお皿に油を大さじ1,2杯入れて、パン粉を付けたトンカツの平たい面をちょんちょんと付けます。油が足りなくなったと思ったら、追加します。油を霧吹きでかけてもOK!

4 ヘルシオスピード焼きで焼きます。
  10分で焼きあがります。時間をセットする必要はありません。

焼く前は、こんな感じです。

パン粉に油が行き渡ってないところまりますが、豚肉そのものに油があるので、あまり気にしなくても大丈夫です。
こんな風に焼きあがります。

ね?べっとりと油を付けておく必要はないんです。ヘルシー!

もっと!ヘルシー志向の方にオススメ。油なしのスピード焼きでも。

1 同じようにトンカツを作ります。
2 油は付けません。
  トンカツから出てくる油だけが頼りです。
3 ヘルシオスピード焼きで焼きます。
  10分で焼きあがります。時間をセットする必要はありません。

焼く前は、こんな感じです。

パン粉に油は付けていません。
こんな風に焼きあがります。

パン粉が生のままになっているところと、豚肉の油がしみ出て、パン粉が上手に焼けているところとがあります。

結論

我が家的には、油なしで作ったトンカツでも十分かな〜と思います。

気になる方は、霧吹き油を使うことで、お客様にもお出しできる立派なトンカツがガス周りを汚さずにできちゃいます!お試しくださいね(^^)。

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す