半径1キロメートルの世界にある意外に新鮮なこと

半径1キロメートルの世界にある意外に新鮮なこと

今日も両親と朝の散歩をしました。高校まで生活してきた実家なのに、ご近所さんでも、一度も通ったことのない道がたくさんありました。こんな細い道、こんな古いお家があるんだ、こんな庭があるんだ。

身近なところに、意外に新しい発見や楽しみがあるというお話です。

稲の花って、初めて見ました!

近所に田んぼがたくさんあります。小中学校は徒歩、高校は片道8キロを自電車で通っていました。どの通学路にも田んぼがありましたが、稲に花があるだなんて、考えたこともありませんでした。

私一人では気づかなかったと思いますが、父が教えてくれました。
稲の花って、この小さな白い髭のような部分なのだそうです。
こんなにちっちゃいのに「花」なのですね。

初めて通る道がたくさんあったこと

今日の散歩は、半径1キロ圏内のところを40分程歩きました。本当にご近所さんばかりです。なのに、「こんな細い道があったんだ!」「こんな古くて大きなお家があったんだ!」「このお庭、雑然としてるけど、いい雰囲気」というような新鮮な景色がたくさんありました。

学生時代は視野が狭かったのか

今、暮らしているところは、実家より、かなり都会です。
そのせいでしょうか。都会の風景とは全く違うので、ちょっとしたお散歩も、新鮮な気持ちでいっぱいでした。

それほど変わらない景色を高校生の頃まで、毎日目にしていたはずでしたが、風景としてちっとも視野に入ってなかったのですね。

畑で作られている冬瓜は初めて見ました。
そもそも大人になってから冬瓜を食べたので、小さい頃は気づかなかったと思います。

ごぼうの葉っぱも初めて見ました。
蓮の葉っぱに似ています。人参と違って虫がつきやすく、作るのは難しかったと母が言ってました。

スイカ畑は、久しぶりに見ました。
今もある実家の横にある小さな畑で、母が何度か作ってくれて、それはそれは収穫の時期を楽しみにしたものでした。

川土手にねむの木が植えられていました。
堤防を歩く私達の目の前に花を咲かせていて、手にとることができました。

こうして考えてみると、身近にあるものの中に、実はとっても大切なことが存在しているのに、気づいていないことがあるのかもしれない。

そんな風に思ったご近所のお散歩でした。
現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す