ワーママ用。プライベート時間を確保する!明日からできる簡単手帳術

ワーママ用。プライベート時間を確保する!明日からできる簡単手帳術

手帳の右半分をプライベート用にすると、「自分時間」が確保しやすくなるというお話です。

仕事と子どもの予定管理はバッチリなのに

業務上、会社全体のスケジュール管理は、とても大切な仕事なので、抜けやモレはまずありません。

これが子どもの予定になると、四分の一ぐらいが抜け落ちたりすることがあります。

さらに、プライベートとなると、結構、目が当てられなくなります。

例えば・・・。
・当直と飲み会のダブルブッキング。
・夏休みの予定がなかなか決められない。ようやく決めたと思ったら、必要な当直交代を忘れてる。
・研修が午後5時以降にあるのに、プライベート予定を入れてしまう。
などなど。

ずるずるとこんな状態を続けていましたが、「自分を大切にしないにもホドがある!」と思いたち、平成29年5月から、手帳の使い方をちょっとだけ変えました。

とっても簡単なやり方です。

手帳の右半分は私だけのプライベート空間

手帳は、1週間で見開きの紙ベースのものを使用していますが、左半分は仕事のことを書き、右半分は私の予定用のスペースにしました。

子どももかなり手が離れてきたので、子どもたちの予定で必要なものだけは、私のスペースに書くことにしました。

スマホのスケジュール管理は、見にくくて、続きませんでした。

最初は、どういう状態だったかというと、右半分のプライベート部分が真っ白なんです。平日、予定なし。土日も予定なし。

あれれ?

そんなんだったっけ?

これは、まずい。というか、ちょっと寂しい。

それで、少しずつ、土日の予定を早めに立てるようになりました。

まずは、日曜日のテニスに予定どおりに行けるか確認します。
ホノルルマラソンの練習で、土日の1時間ウォーキングを、どのタイミングでするかを決めます。
勝間塾で開催されているオンラインのイベントに出たりします。

するとすると。
土曜日の朝早くからウォーキングに行こうとすると、金曜日の夜遅くまで仕事を引っ張るわけに行かないぞ!と分かりますから、早め早めに仕事に着手するようになったんです。

右半分の空白が生む俯瞰力

こうして、1週間分の予定、次の週の予定を何度も見直すうちに、全体を俯瞰する力ができてきたようなきがするんです。
もちろん、昨日の自分比!です。

苦手だったけど、ちょっと進歩したな〜と、手帳を見るのが楽しみになっているのです。

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す