古いアクリルたわしを交換したら、ものすごく汚れが落ちやすくなったこと

古いアクリルたわしを交換したら、ものすごく汚れが落ちやすくなったこと

アクリルたわしって、古くなると洗浄力が落ちることが分かったというお話です。そりゃそうか。

アクリルたわし、金たわしを併用して、洗剤は不要

アクリルたわしを愛用しています。子どもたちが小さい時に編んだマフラーを解いた毛糸もあるし、多分、一生、台所のたわしは買わなくてもいいくらいだと思います。

鍋の焦げ付きをガッツリ落としたい時は、金たわしを使います。

よほど油汚れがひどい時は洗剤も使いますが、お湯でおおまかに汚れを落とした後にアクリルたわしでこすれば、だいたい大丈夫です。

この「大丈夫」の感覚が人によって違うのかもしれませんけれど。

アクリルたわしの交換時

いつもは、毛糸がちぎれかけてきた時点で、交換するのですが、今回のアクリルたわしは、編み目をしっかりさせたせいか妙に丈夫でした。

それで、いつまでも古いものを使っていたのですが、実家に帰ったとき、母が新しいアクリルたわしを持たせてくれたので、「せっかくだから」と使ってみました。

すると、古いものより、汚れ落ちが断然違うんです!!
あんまり違っていて、びっくりしちゃったので、こうやってブログに書いているわけです。

おしゃれなアクリルたわし

「編めばいいや」と思っているのですが、「いつものもの」ばかりだと、ちょっとつまらないので、時々、ネットで検索しています。おしゃれな感じにできないかな〜と思うんですね。
この本くらいのおしゃれ感で編めたらいいな〜。

ここのサイトは、オシャレさんです。
「日本の手仕事・道具店」
プレゼントに選ぶならいいかも。

ちょっとしたことでも、気に入ったものがあると、ごきげん幸せになれますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す