24歳で昇進試験!全国転勤になったシングルマザーの奮闘記〜その1

24歳で昇進試験!全国転勤になったシングルマザーの奮闘記〜その1

ちょっと珍しいことだと思ったので、棚卸し的に振り返っていきたいと思います。結論「何とかなります。」

全国転勤するつもりなんて、全くなかった私

幹部になるつもりも、ましてや全国転勤するつもりも全くなかったのです。

けれど、昇進試験を受けました。

理由はただ一つ。今の部署から離れて現場に行きたいから。

どういうことだったのでしょう。

いつ現場に行かせてもらえるのか分からない焦燥感

当時、私はとても焦っていました。
採用当初、総務系に配属されたのですが、同期がどんどん現場に出ており、全く会話についていけなかったのです。

「私は、現場に行くために、ここの会社に入ったのに!」
「毎日、書類を整理するためだけに、採用試験を受けたんじゃない!」

そう思っていたのです。

おまけに採用後2年の間に、総務系の中で2回の社内異動を受け、「このまま事務系のスペシャリストとして、使われ続けられるんじゃないか?」という気持ちが加わり、焦る気持ちを増幅させていました。

ただ、その10年後、当時、経験したことが本当に役に立ったのですから、わからないものです。「長い目でものごとを見る」って、そういうことなんですが、今の私が当時の私に言っても、聞く耳を持たなかったでしょうね。

唯一の相談相手とは

会社は9.9割が男性で、ローモデルとなる人がいるわけもなく、相談のしようがありませんでした。ましてや、異動の話ですから、相談されたとしても困ってしまったと思います。

昇進試験を受けて、合格したら全国転勤。
この私が?ムリムリ。やれる気が全然しない。
でも、このまま総務系の仕事を続けるのだけは、絶対に嫌だ。

合格したら、絶対に転勤させてもらえるに違いない。ここから抜け出すには、それしかない。
そう思い詰めていたのです。

背中を押したのは、採用同期の言葉。
「見てくるものを全部見てきて、それから考えればいいじゃない。」

「そうだね!」

なんて単純なんでしょう。というか、先のことなんか、全く考えてなかったのですね。

「いつ現場に転勤させてもらえるのか、今すぐ教えてください!」
その気持だけで臨んだ試験。

はい。合格しちゃいました。

試験の出来は良くなかったと思うんだけどな。
与えられた仕事は、がむしゃらにやっていたので、そこは評価してもらえたに違いないと思っています。

全国転勤の幕開けでした!

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す