玉ねぎの皮むきをラクチンにしよう!

玉ねぎの皮むきをラクチンにしよう!

一番よく使う玉ねぎ。簡単楽チンに皮をむく方法を教えてもらいました。

どの野菜も下処理が必要

パナソニックのフードプロセッサーを使っています。

みじん切りや千切りがとっても楽になり、野菜を食べやすくなりました。

パナソニックフードプロセッサー。使い勝手はいかに?


けれど、フードプロセッサーに入れる前に、皮をむかなくちゃいけないんですよね。勝間和代さんにとっても楽な皮のむき方を教えてもらいました。

玉ねぎの皮むき

まず玉ねぎの両端をストンと落とします。

繊維に沿って玉ねぎを半分に切ります。皮をむくのはこの後です。

半分に切ってあるので、皮をむく時に力がいりません。ちょっと引っ張れば、スルッとむけてしまいます。

野菜って何となく全部皮を剥いてから切るという固定観念がありました。
目からうろこ!とはこのことです。

けどね。
勝間さんは、フードプロセッサーより、マルチチョッパーで玉ねぎを切ったほうが断然美味しい!とおっしゃるんです。

なぜか。

マルチチョッパーは、一定程度の大きさに切ったあとは、穴から落ちていくので、必要以上に切り刻むことがなく、余分な水分が出にくいのだそうです。

「でも、マルチチョッパーの下の容器が小さくありませんか?」とお聞きしたら。

「だから、私は二つ持ってるんですよ。本当は下の部分だけ欲しかったのですが、全体の値段を見ても数千円ですから。たくさん切り刻むときは、下の容器だけを入れ替えています。」

だそうです。これもまた目からウロコです。
ちょっとマルチチョッパーが欲しくなってしまいました。

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す