ホノルルマラソン走って驚いたことーその3

ホノルルマラソン走って驚いたことーその3

ホノルルマラソンは、現地新聞でも大きく取り上げられます。ホテルで手に入るローカル新聞をじっくりみてみたら、驚きのデータを見つけました。英語が読めなくても大丈夫ですよ!

地元新聞で楽しもう

ホノルルマラソンの翌日、ローカル新聞がホテルのロビーなどに置かれると思います。ぜひその1部をもらって、目を通してみましょう。

私がもらって帰ってきた新聞にも、ホノルルマラソン情報が盛りだくさんでした。朝日が昇る前の薄暗い中、大勢の人が道いっぱいに広がって、花火が上がる中を走り始める写真などは、もう幻想的といえます。

中でも、男女を5歳刻みのカテゴリーに分け、それぞそれのトップ3の方たちの名前とタイムを記事にしている紙面が目を引きました。

最初に見たときは、縁のないデータだなぁと思ってました。ところがです。

90代の男性、女性のランナーあり!

名前の一覧表を見ても、知っている人がいるわけじゃなし、8時間かけて走った私にとって、どのタイムも手が届きそうにないものばかりです。

ところが、よく見てみると、最高齢である90歳から95歳までのカテゴリーのところに名前があるんです。男性が2人、女性が1人。90代ですよ。90代。他の年代のカテゴリーは、3人ずつ名前が書かれていましたから、今回、90歳以上のランナーが男性2人、女性が1人いたということです。

タイムだって、男性の方は9時間代と10時間代、女性の方は、なんと6時間代です。

こんなに勇気をもらえることってあるでしょうか。90歳を過ぎても、元気でフルマラン走って、周りに勇気と感動を与えられたらなぁ・・・。

そういえば、昔から好きでやっているテニスも、何とか80歳くらいまで続けたいなぁと思っていたのでした。

80歳までうまくなり続けるテニスとは

最終完走者は、何時間でコール?

大会翌日に、完走証をもらいに行くと、完走者のタイムと名前が入っているパンフレットがもらえることは、以前にも書きました。1番最後のランナーのタイムは、13時間ちょっとでした。頑張りましたよね!

朝の5時にスタートですから、午後6時過ぎにゴールしたことになります。その時間帯に、ゴール付近のスタッフがどれくらい残っているかわかりませんが、きっと大歓声の中をゴールしたに違いありません。

事実、過去のmomonaランニングクラブのメンバーにも、完走パーティをしているところに、ようやくゴールして、そのままの姿で現れた人がいたらしく、会場は、とっても盛り上がったそうです。

そんな感動をくれる方がいたら。きっと忘れられない大会になったでしょう。

また、やってみたいことが増えました。ホノルルマラソンに感謝です。

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す