フルマラソン完走後も練習を続けられるコツとは

フルマラソン完走後も練習を続けられるコツとは

2017年12月10日にホノルルマラソンを完走しましたが、その後に無理をして故障するお話を耳にします。「もう足は痛くないの?」とよく聞かれるので、最近の足の具合を書いてみます。

初フルマラソンが終わった後の足の痛み

結論から言うと、2018年1月13日現在では、まだ走っていません。ホノルルマラソンが終わって、もう一か月が過ぎているのにです。

大会は12/10日曜日で、翌日12/11月曜日はMomonaランニングクラブのオプションで早朝日の出ツアーに出かけたり、翌々日の朝は、ダイヤモンドヘッドで朝日を見ようというツアーに出かけたりしました。

もちろん、その時も痛かったのですが、大会が終わって間もないから、そんなものだろうと思ってました。大事にしすぎるより、ウォーキングした方が良いというMomonaランニングクラブの方針にも納得したからです。

その後、12/14木曜日から会社に出社し、やっぱりしばらく痛かったのですが、一週間もすると日常生活を送るのは、大丈夫になりました。

ここで、フツフツと練習がやりたくなってしまったのです。私は、8時間ちょっとでゴールしたのですが、現地で先輩方の話を聞くと、もっと練習したら6時間代で走れるんじゃないかしらと思ってしまったんですね。

けれど身体は正直です。完全に休養が終わっていない身体でしたから、ほんの3キロほど走っただけなのに、足首や膝が痛くなってしまったのです。

練習再開は急がす慌てず

そこでMomonaランニングクラブの先輩方に相談してみると、ホノルルマラソンが終わってから、1月、2月と練習を頑張りすぎて、足をしばらく痛めてしまった方がみえました。

Momonaランニングクラブのトレーナーの津金さんにも相談してみましたが、痛みがある時は、無理をしないのが良いそうです。マラソンで身体を故障させてしまったというお話も、ちまたで聞きますものね。

フルマラソンの後の休養。フルマラソンは全治10日の怪我?

そう若くもないのだしアスリートになるわけでもない。そもそもフルマラソンを走ろうと思ったのは、カッコいい!ということと、次の本を読んだからでした。

それまでは、近所のスーパーも車が当たり前、エスカレーターが突然、空港の動く歩道も大好きでした。ところが今では、地下鉄でエスカレーターに並ぶ人の列を横目に、いつも階段です。フルマラソンを走ったのは、自分への起爆剤でした。

ですから、怪我をしないようにゆるゆると細く長くやるのがいい。そう思ってます。早く走る練習をしたいなぁと焦る気持ちあるんですけど、同じホノルルマラソンを走ったMomonaランニングクラブのメンバーとも「焦らずゆっくり行こう!」と励ましあってます。

初めてフルマラソンを走った後、練習を再開するのは、ゆっくり焦らず。あなたも、そんな風に長くマラソンと関わってみませんか。

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す