TaskChute Cloudを再開してみたら、だらだら家事が減ってきました。

TaskChute Cloudを再開してみたら、だらだら家事が減ってきました。

以前、TaskChute Cloudを使っていたのですが、難しくて挫折していました。友人が使い方をていねいにブログに書いて下さったので、もう一度チャレンジすることにしてみました。

挫折の理由

めちゃくちゃTaskChute Cloudを活用していたぞのさんという友人と同じことを一気にしようとしていました。友人のようにTaskChute Cloudの記録の結果をグラフにして、「私って、すごい〜〜!頑張ってる!」となりたかったのですが、技術面が追いつかず、思うようなグラフを作れませんでした。日々の記録をつけて、時間の使い方を見直すことが本来の目標のはずなのに、いつのまにか「グラフを上手に作りたい!」が目標になってしまい、その目標が達成できないことで嫌になってしまったのですね。
TaskChutecloudは、こちらから登録できます。

「まずは、毎日のログをつけるところから始めるといいですよ」と、ぞのさんに教えてもらい、単純な私は「そうか!んじゃ、もう一度やってみるか。」と思い、再開することにしました。そしたら、大切にしようと思っている睡眠時間を確保できる鍵を見つけることができたのです。

TaskChute Cloud初心者向けの使い方(1)〜タスク名だけで記録してみる〜

TaskChute Cloud初心者向けの使い方(1)〜タスク名だけで記録してみる〜

やっぱり鍵は、夜家事のデッドラインを意識することだった

今も睡眠時間は大切にしていて、少なくとも6時間半は眠るようにしています。以前、TaskChute Cloudを使って、睡眠時間をちゃんととろうとしていた時の記事がこちらです。

睡眠時間7時間を確保する3つのステップ〜お助けTaskChuteCloud


さて、もう一度TaskChute Cloudを使ってログを取り始めました。以前、入力していたルーチンのタスクがまだ残っていたので、そこをベースにしてやってみました。基本のルーチンタスクと、今日やってみたいことを一つだけ入れて朔のログを取り始めます。

「ところで、このタスクを全部終わると何時に寝ることになるのかしら?」と思って、ここをポチっとしてみました。

すると、夜の11時半過ぎになっているではありませんか!

タスクが多かったんだっけ?だらだらし過ぎていたかしら?焦った私は、翌日のご飯の下準備や洗い物のための時間としてとっておいた60分をなんとか短縮しようとしました。

すると。

いつもなら、おかずをもう一品作っておくかというふうに家事が延長しがちなのですが、今回はスパッとやめることができました。働くママは、私も含め、とにかく何でも前倒しに準備したい気持ちがあります。子どもはいつ熱を出すか分からないし、それ以外にも、急な用事がちょくちょく出てきます。

前倒しにする家事は、時間の許す限りなんていう甘っちょろいものじゃない時もありますよね。もう倒れる寸前かと思うくらいギリギリまで頑張って家事をやっつけていませんか?けれどなんとかして自分の時間だって欲しい!ですよね。そういうあなたに、このTaskChute Cloudが役に立つかもしれません。ちょっとむずしく思うかもそれませんが、一緒にチャレンジしてみませんか。

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す