樹齢1200年の大楠がある人口17人の香川県志々島で見た5つの新鮮

樹齢1200年の大楠がある人口17人の香川県志々島で見た5つの新鮮

志々島どんな場所?〜新鮮その1

こんにちは。いっぽとっこです。
志々島ってご存じですか?
香川県志々島は、国内6,852ある島のうち約400ある有人島の一つで、面積0.74㎢、平成28年11月現在の人口は17人です。

香川県宮ノ下港から1日3便の高速船に乗って20分。
私達が乗ったのは午後3時50分の船で、乗船人員もごくわずか。
ビニールの買い物袋を持ち、今から我が家に帰る人たちと一緒に、旅行のために船に乗る私達。
日常と非日常がごちゃまぜになった瞬間でした。

目標は、樹齢1200年の大楠です。出発します!
%e5%bf%97%e3%80%85%e5%b3%b6%e3%81%b8%e3%81%ae%e9%81%93%e4%b8%ad
%e4%b9%97%e8%88%b9%e5%89%8d

島の定義、島の数、有人島・無人島とは?はこちら
志々島へのアクセス、おすすめスポットはこちら

船の待合所兼休けい処「くすくす」〜新鮮その2

「くすくす」は、本土行きの船が出発する1時間ほど 前から開けてくれます。
私達が香川から到着した時も、ここで「くすくす」の方が出迎えてくれました。
港から降りてすぐのところで、わかりやすい場所にあります。

案内された宿で一休みした後、改めて「くすくす」に出かけてみました。
「アイスあります。」の張り紙に惹かれたんですね。
どんなアイスかというと、これがスーパーのお店で売っている普通のカップアイスなんです!

島に一つしかないお店は、もう閉まっていたし、このアイスがとっても嬉しく美味しかった!。

「くすくす」で出迎えてくれたのは、神戸からご夫婦で移住してきたという奥様です。
ゆったりとした奥様のお話は「へえ〜〜」と驚くことばかり。
お子さんも自立し、ここで生活できるようになるまで1年ほど通われたそうです。

「物がなくても、諦めたり工夫したりするから、ぜんぜん大丈夫なのよ。」
都会で聞いたら耳を疑うようなセリフも、この島で聞くと妙に説得力があるのです。

そうだよな〜。

ネット注文だって、離島料金もかからず手に入るのですから、暮らすことに不自由はなさそうです。このご夫婦以外にも二人の移住者がいるそうです。
「くすくす」では、コーヒーも飲めますし、志々島のお土産物も販売しています。
「くすくす」の看板はこちら

テレビ、エアコン、食事なしの宿〜新鮮その3

そんな宿で、どうやって過ごすの?って思いますよね。
大丈夫なんです。
古民家を修復したものなので、台所もありますし、鍋、お茶碗、はし、コップなどもあります。

私たちは、香川名物の骨付き鶏を買い、フライパンでジュージュー!
船で20分ですから、仲良しのママ友のところで食事するようなものです。
炊飯器もあったのですが、事情で使えず、鍋で炊きました。
これもまたいい感じに炊きあがりました。
くすくすの方から、畑のピーマンをたくさんいただき、手でちぎって、一緒にジュージュー。

採れたては、塩コショウだけで美味!
泊まった宿の入口には、こんな可愛い案内があります。
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000
%e5%ae%bf%ef%bc%92味わい深いふすまです。

%e5%ae%bf%e3%81%ae%e7%8c%ab猫ちゃんが20匹!います。

泊まった母屋はこちら

樹齢1200年の大楠〜新鮮その4

ぐっすり眠った翌朝は、コーヒーを飲んでゆるゆると出発しました。
管理人さんが、朝から焼いたパンをそっとおいてくれました。
%e3%83%91%e3%83%b3
歩いて15分ほどでしょうか。
こんな道を歩きました。
%e5%a4%a7%e6%a5%a0%e3%81%b8%e3%81%ae%e9%81%93
大楠に行くには、舗装された歩きやすい道と、山道があります。
私たちは、宿から近いという理由で山道を選択。

そして大楠です!高さ22.5m、幹周12m.
%e5%bf%97%e3%80%85%e5%b3%b6%e4%ba%ba%e9%96%93%e6%af%94
あまりにも大きかったので、近づいていることに気がつかないほどでした。
大楠全体を写真に収めようとしても難しい……。
%e5%a4%a7%e6%a5%a0%e5%85%a8%e4%bd%93%e5%9b%b3
これは枝を真横から写した写真。幹じゃありません。%e6%9e%9d%e3%82%92%e7%9c%9f%e6%a8%aa%e3%81%8b%e3%82%89
重すぎて地面についちゃってます。枝です。
%e9%87%8d%e3%81%9f%e3%81%84%e6%9e%9d
大楠の周りに遊歩道があって、後ろから見ると枝の張りがよくわかります。
%e8%a3%8f%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b%e3%81%9f%e5%a4%a7%e6%a5%a0
あっちの角度、こっちの立ち位置から大楠をゆっくり眺めて満足!
帰りの船の時間が迫ってきました。

香川に戻って戸惑った〜新鮮その5

二日目の昼ころに香川に戻ってきました。
船から降りた時の違和感たるや……。
「家が多い」、「人が多い。」、「車が多い」。
何でもたくさんあるんです。現実世界に引き戻された瞬間でした。

志々島は、何にもありませんでした。
何にもないと、急がなくていいんですね。

ゆっくりしようと思っても、いつもの日常では難しい。
目の前にたくさんたくさん、やることがあります。

そこから強制的に離れた時、急がないということがどういうことなのか体験できます。

私は、仲の良い友人と心ゆくまでおしゃべりしました。
長年の付き合いなのに、お互いに知らないこともあり再発見の連続でした。

1年に1回は行きたい場所。
それは温泉でもなく、豪華なホテルでもありません。
志々島に行きたい。

そう思った旅の終わりでした。

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す