膝の痛み防止にお尻の筋肉を鍛えろ!ランナーズニー必見

膝の痛み防止にお尻の筋肉を鍛えろ!ランナーズニー必見

2017年にホノルルマラソンを走って以来、膝が痛くなることがあり困っていました。Momonaランニングクラブでお世話になった津金トレーナーにいいこと教えてもらいましたよ。

初心者ランナーに最も起こりやすい膝の痛みとは

Momonaランニングクラブのホームページには、初心者が怪我をしやすい場所とその怪我を防止するためのトレーニング方法が紹介されています。

以前、私も見たことはあったのですが、自分の足の痛みに当てはまるのかどうかちょっと心配でした。
Momonaランニングクラブのトレーナーである津金さんが、名古屋ウィメンズマラソンのサポーターとして来ていたので、お話を聞いてみました。

「いっぽとっこさんの場合はねー。典型的なランナーズニーだよ。お尻の筋肉を鍛えなきゃ

なんだそうです。

なんで、お尻の筋肉と膝の痛みが関係するの?めちゃくちゃ不思議でしたが、津金トレーナーの話を聞いて納得なのでした。

お尻の筋肉と膝はつながっている!

骨盤まわりのお尻の筋肉がないと、片足を着いたときに、力が外側に逃げてしまうのだそうです。すると膝の外側にある腸径靭帯(ちょうけいじんたい)が膝とこすれて炎症を起こし、痛みが出てくるということのようです。

なるほど!!!

こうやって理屈を聞くと、以前から何度も聞いていた中臀筋を鍛えなさいと言うことの大切さがよくわかります。

こちらは、図解もあって分かりやすいです。
9割のマラソンランナーが知らないランナー膝の本当の改善法

中臀筋って、どれぐらいで鍛えられるのかな。まずは1か月やってみようと思います。こうやってホノルルマラソンを参加した後も、高知に心配なことをいつでも聞けるのが主なランニングクラブの良いところです。

東京名古屋大阪福岡で定期的に練習会をやっでます。初めての人も、予約なしでも大丈夫!初心者には、特に超優しいです。是非、参加してみてくださいね!

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 山本喜美子

    ご無沙汰しています。やまとです。 左足がアーチ型崩れることでなるモートン病と言われました。。外反母趾グッズを足に装着すると痺れの感覚が軽減するので昨日から利用してます。リハビリの先生にタオルを足指で挟むトレーニングを教えてもらいましたが、先生のご意見は、やらないよりマシというお答えでした。こちらの動画でショートフットを拝見し、アーチ型が少しでも取り戻せるならやってみようと思いました。股関節もかたいので動画のトレーニングも少しずつやってみます。少し希望が見えました(笑)嬉しいです!ご紹介いただき、ありがとうございました!

    • By いっぽとっこ

      コメントありがとうございます!すっかり返信が遅くなってしまいごめんなさい。
      私も膝の痛みは、かなり長引いてしまい、走りだすと痛むという時間が長かったので、これから先どうなるのかしらと心配していました。
      いろんな原因があるようですが、一つ一つ試してみる価値はありますよね!
      健康で快適な暮らしが続けられるよう、これからも情報提供をしていきます!

コメントを残す