茹でない!炊飯器で蒸すのがポイントの豆料理

茹でない!炊飯器で蒸すのがポイントの豆料理

勝間和代さんの影響で、最近、豆をよく食べるようになったいっぽとっこです。茹でないのがポイント。ご飯を炊くように炊飯器で蒸すと、簡単で全く違った美味しさになるんですよ!2,3日で食べきります。身体にいい豆を晩御飯の食卓に並べポリポリ味わっていると、今日もちゃんと頑張れたな〜〜と満足できます。

炊飯器で豆を蒸す方法

たいていのご家庭には、炊飯器は1台しかなく、そしてだいたいご飯が入っています。いったい炊飯器を使って、いつ豆を蒸せばいいのでしょうか?次にステップをご紹介するのでやってみてくださいね。

ステップ1
市販の豆をあらかじめ一晩水につけておきます。たっぷりの水で戻してくださいね。
ステップ2
晩御飯を食べ始める前に、炊飯器に残っているご飯を全部出します。釜を洗ったら豆を入れて、スイッチオン!晩御飯を食べて一休みしている間に豆が蒸し上がります。
ステップ3
出来上がった豆の粗熱をとり、冷蔵庫で保存します。

もうちょっと詳しく行ってみましょう

1 空っぽの炊飯器に1合のメモリまで水を入れ、その上に高さが低いお皿を入れ、お皿の中にも水を入れます。

2 こういう蒸しカゴを用意してくださいね。サイズが自由に変わるので、便利です。

3 蒸しカゴの中に豆を入れます。あんまりたくさん入れると、うまく蒸せない気がします。この豆は、水戻しする前、100グラムでした。 

4 フタが上手く閉まらないときは、蒸しカゴをすぼめてみてくださいね。高さが低くなって、閉まることがあります。それでも炊飯器の蓋が閉まらないときは、高さの低い別のさらに変えてみてください。

5 普通の「ご飯を炊く」コースでスイッチポン!蒸しあがったら、アツアツをつまみ食いしちゃってください。味といい、歯ごたえといい、クリみたいなんです!

6 今回使った豆
勝間さんに教えてもらい、次の豆を使いました。

購入後、1か月が立ちますが、半分の500グラムを使いました。冷蔵庫には、常に蒸しあがった豆が常備されています!

マイブームだった奥薗壽子さんの「奥薗流・いいことずくめの乾物料理」

少し前に買った奥薗さんの本には、乾物を使って家で簡単に作れる料理が紹介されていました。その中に、大豆を家で水煮する方法が紹介されていて、長い間、その方法でやっていました。炊飯器に比べると、一手間かかりますけれど、これも美味しいです!

参考にした勝間和代さんの記事はこちら。

身体にいいものを簡単に美味しく。

自分の人生にも優しく。マネージャーをやっていると疲弊することもありますが、美味しいものを食べると、明日も頑張れそうです。

マネージャー歴17年がコーチングで役に立つ理由

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す