カーテンの丈を調整する。今どきバージョン、昔バージョン

カーテンの丈を調整する。今どきバージョン、昔バージョン

引っ越しの時にいつも困るのが、カーテンの丈が微妙に合わないことです。ほんの少し長かったり短かったり。今まで工夫してきたことと、13回目の引越にして初めて気が付いたことを記事にしました。

カーテンの丈は調整できる(昔バージョン その1)!!

カーテンのフックって、以前は金具のものでした。右を使うと丈が短くなり、左を使うと丈が長くなります。

たくさん持ってます(^^)。家の中に、どれだけカーテンをぶら下げるつもりなんでしょう??でも、時々、役に立つんですよーー。

カーテンの丈は調整できる(昔バージョン その2)現役活躍中!!

これまで我が家でやってきたのは、こんな感じです。母が作ってくれました。カーテンの色味に合わせて、端切れを縫い合わせてくれたのでした。

表から見ると、こんな感じです。違和感ないでしょ?あ、あります?

裏から見ると、こんな感じ。安全ピンで止めてあるだけなので、ミシンなんかを取り出さなくても大丈夫です。

カーテンの丈は調整できる(今どきバージョン)!!

今回、初めて気がついたのですが、カーテンフックが進化しています。

こうすると丈が短くなって・・・。

こうすると丈が長くなります。

その差、4センチ!4センチも違うと、かなり印象が違います。隙間風だって防げそうです。

カーテンの丈がちょうど良くないと困ること

布団で寝ている私にとって、カーテンの丈が短すぎると困ることがあります。それは、カーテンの隙間から寒い空気がやってくることです。特に冬は辛い・・。

見えているのに気がつかないこと

カーテンのアジャスターは、取り外すたびに目にしてきたのに、今回、初めて気が付きました。こうして生活がほんの少し便利になったり、分からなかったことが分かるようになると、嬉しいですね。

Amazonでも、もちろん売っています。アジャスターフックと検索すれば、お好みの本数、長さのものが出てきますから、お試しくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す