BOOK AND BED 池袋店 50代女子的に泊まってみたチェック!

BOOK AND BED 池袋店  50代女子的に泊まってみたチェック!

以前から泊まってみたいと思っていたBOOK AND BED。池袋店に泊まってみました。

50代女子的に、素敵だと思ったこと、気になったことを書いています。

ベッドの空間

BOOK AND BEDは、図書館にホテルがくっついたようなイメージです。7階と8階があるのですが、どちらの階に泊まっても、自由に本をベッドに持ち込むことができます。

気になるのは、ベッド、トイレ、シャワールームといったところではないでしょうか。

まずは、ベッドの空間です。私が泊まったのは、広めのスペースの方です。このタイプを選択すると、布団が敷いてあるスペース以外に、荷物を置くことができます。

荷物を置くとこんな感じになります。

ベッドが、ハシゴ下の1階になるか、ハシゴ上の2階になるかは指定できません。どちらであっても、キャリーケースなどは、ハシゴ下の1階に保管することができます。

狭いタイプを選択し、ベッドがハシゴ上の2階に指定された場合、布団が敷いてあるスペース以外に空間がないため、荷物の整理をするのに少し苦労するかもしれません。階段下に降りて荷物を整理するか、布団の上で整理することになります。それが気にならない人は、この広いタイプではなく、狭いタイプの部屋でも大丈夫です。

また、敷布団は、衛生面や管理を簡単にするためか、カシャカシャと軽い音がするタイプのものでした。体をずらしたり、寝返りを打つ時も音がするので、気になる人がいるかもしれません。

私の場合、それほど気にならなかったつもりでしたが、愛用しているSleep Meisterでは、眠りが浅いと判断されてしまいました。

Sleep Meisterで優先したいのは起床時間?睡眠時間?

シャワーの空間

池袋店のシャワールームは、一番奥が女性用になっています。

シャワールームなので、湯船はないものの、とっても清潔で気持ちよく使うことができます。

けれど、お客様の中には、これが目に止まらない方もいらっしゃるようです。実際、私が女性専用のシャワールームの前で順番を待っていた際、中から男性がでてきて、びっくりするということがありました。

ちょっと気になりましたが、その方はとてもきれいに使われていましたし、そもそも施設や備品が新しくきれいなので、許容範囲内と割り切り、使わせてもらいました。

ドライヤーもちゃんと置いてあるので安心です。ただ夜中の12時には、引き上げられてしまうので、早めにに乾かしてしまいましょう。

シャンプー、リンス、ボディソープは、プレゼントしてくれます。嬉しい!

トイレも清潔で、気持ちよく使うことができました。ウォシュレットだってついています。

時間を気にせず本に囲まれる幸せ

BOOK AND BED池袋店は、本に囲まれてゆったりしたい女子にぴったりです。隠れ家のようなおしゃれな雰囲気が素敵です。

天井には、こんなふうに本がディスプレイされています。この雰囲気を味わうだけでも、気分が上がります。

本棚の向かいには、こんなスペースがあります。

奥に行くと、ソファーに囲まれた空間もあります。朝早く起きてみたら、かなり早朝だったのに、寝転びながら、本を楽しんでいる人がいたので、満喫されているなぁと感心しました。

池袋店は、ビルの7階と8階にあるので、看板を見落とさないようにしてくださいね。

いろんなタイプの本に触れることができます。

普段は手に取らないような本だったり、高額で買うにはためらうような写真集もゆったりみることができます。

早めにチェックインすれば、気の済むまで本に囲まれた時間を過ごすことができます。レイトチェックアウトも対応しているので、のんびりしたスケジュールを組んで出かけてみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す