自己決定を実践する気持ち良さ。コーチングを学んでいます

自己決定を実践する気持ち良さ。コーチングを学んでいます

コーチングを学び始めたきっかけ

コーチングを学んでいます!

以前から関心を持っていて、書籍も読んでいました。けれど、本に書かれていることは、私には少し遠い別の世界の話という気持ちが、これまでありました。

ところが、身近なところで、オンラインでコーチングスクールを開催されるという方がいらっしゃり、1期生、2期生と、受講生が増えていくのを見ていると、もしかしたら私にもできるかもしれないと思ったのでした。

正直に言いますと、コーチングがどういうものか最初はわかっていませんでした。人の話を聞くことに関係するのだろうなというぐらいの理解です。

話をよく聞くことは得意でしたが、自己流でやっていたので、きちんと学んでみたいという気持ちでた。ただ話を聞くというところから、一歩進んだ段階に登ってみたかったのです。

そうすれば、話を聞くということで、もっと積極的に、具体的に人の役に立てるようになるかもしれないと思ったのでした。

自己決定権の素晴らしさ

コーチングは、コーチがクライアントの話を聞くことを通じて、クライアントが自分自身の言葉を聞き、考えを深め、自分の中にある答えを探しにいくお手伝いをするものです。

何より大切なのは、例え間違っていたとしても、自分で次のステップを決めていく自己決定権を持ち続けられることです。これが、とてもとても気持ちが良いのです。

一緒に学ぶ仲間たち

オンラインで週1回、1時間半から2時間、6か月間、学んでいきます。
こちらは、一緒に学んでいらっしゃる方で、第4期の私達のことを素敵に紹介してくださいました!
オンラインで6か月学ぶ「コーチングスクールとは

一番、面白いのは、毎週、一緒に学ぶ仲間たちとの7分間のコーチング練習です。

一般的に、コーチングのセッションは、一回、1時間前後ですが、それをぎゅっと短縮して、7分間で練習するものです。全員が、毎回、コーチ役、クライアント役、オブザーバー役を経験していきます。仲間からは、暖かいフィードバックをもらうことができ、自分自身の拙いコーチングも、少しずつ成長しているのを実感することができます。

加えて、7分間のセッションのときに、クライアント役をやる際は、現実の自分が生活の中で困っていることを題材として取り上げ、実際に行動に移せるまで考えを深めたり整理したりするため、物事が停滞しなくなってきたのです。

困りごとが少しずつ解決していくと、今まで自分の中で、気が付かないふりをしてきたような課題も、7分間セッションの中で正直に扱うことができるようになるのです。

そうすると、何より気持ちがいいのです。

きちんとしたコーチに話をよく聞いてもらうだけで、気持ちよく自分の人生の指針を決めることができるようになるのです。

コーチングという手法が、その形にフィットする場合とそうじゃない場合があります。クライアントの状態にもよるとは思いますが、良い悪いではありません。

ただ、多くの方にコーチングに触れていただければ、自分で自分の人生を決めていく気持ち良さを知っていただけるのではないかと思っています。

関心のある方は、是非、アクセスしてみてくださいね!
オンラインコーチングスクール講師 ラーニングプレイス代表 塙英明

最近では、こんなこともチャレンジしてみました。

BOOK AND BED 池袋店 50代女子的に泊まってみたチェック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す