TO DO LISTがたまる人向けスモールステップ

TO DO LISTがたまる人向けスモールステップ

ついつい溜まりがちなTO DO LIST。そんな時もコーチングは有効です。

コーチングを学び始めたときの記事はこちらです。

自己決定を実践する気持ち良さ。コーチングを学んでいます

今回は、家事を少しでも楽にしたくてホットクック買ったのに、なかなか箱から出すことができなかったというお話です。

何かを心の中でつぶやいていたのです。

これを読んだ皆さんは、どちらの気持ちになるでしょうか。
「あるある!それ!」
「それは、ないわぁ・・・」

さてさて。

到着してからなんと12日間放置!

新しいことを始めるのは、いつもちょっとだけ気が重たいです。

今回も、何となくモヤモヤして、ホットクックを箱から出すことが、なかなかできないでいました。

自宅にホットクックが到着したのが9月7日。箱から出したのは9月19日でした。

振り返ってみると、私の心の中では次のようなつぶやきがあったのです。

言葉にしてみると「そんなこと?」

「いったい何が入っているんだろう?」
(イヤイヤ、ホットクック入ってるんじゃないの?)

「しばらく使わない付属品がたくさんあったらどうしよう?」
(紙袋に入れて、ホットクックって書いとく?)

「その付属品、なくなりそうで嫌なんだけど」
(なくなっても、使わないかもしれないしね。)

「ホットクックを出した後、あの空箱はどうしたらいいのかしら?」
(つぶすのよ!資源ごみの日まで待機ね。)

小さなハードルが頭の中で膨れ上がる

どれもこれも、言葉にしてみると、バカバカしいことばかりですね!

ホットクックの箱を開けることができなかった数日間、こういったことが、頭の中ではっきりと言葉になっていたわけではありません。

毎日、開けることができないホットクックの箱を横目にして「今日は時間がないから無理」とだけ言っていたのです。

よくよく向き合ってみると(よくよく向き合わなくても?)、本当に小さなことだったのです。問題というレベルのものでさえありません。

セルフコーチングで自問自答

こういった時に、コーチングの手法を知っていると、セルフコーチングと言って、自問自答することができるわけです。

コーチングを効果的なものにするためには、自分の中で課題を見つけることがとて有効です。

何となく見て見ないふりをしている小さなこと。やらなきゃいけないよなぁとぐずぐずしちゃってること。

こういうことが積み重なっていくと「私ってだめな人」という経験値が積み上がってしまいます。

あなたが解決したい小さなステップは?

小さな課題を見つけて、自由に解決していきましょう。それに慣れてきたら、もう少し大きなことにチャレンジできます。

何をテーマにするか、何のテーマからやってみるかは、その人の自由です。

あなたも、コーチングを知って、「できる自分」「頑張れる自分」を見つけ、ワクワクした気持ちで毎日を過ごしてみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す