トレランに初挑戦!初心者に優しいイベントを探して参加しよう!

トレランに初挑戦!初心者に優しいイベントを探して参加しよう!

少し前に、秩父でトレランに参加してきました。道路と違って山の中を走るのはとってもとっても気持ちが良い!やったことのない人にはぜひオススします。

トレランって?

マラソンの友人たちから、時々耳にしていたトレラン。先日参加する機会があったので行ってきました。主催してくれたのは、Momonaランニングクラブのコーチでもある金子知弘さんです。マラソンのフォームも教えてもらっていました。

初心者こそ有料のフォームチェックを活用!ランナーズニーを防ごう。

そもそもトレランってなんでしょう?実は、よく知らないままに参加したのでした。
トレランの魅力って何?

一緒に参加した方の中には、すごく早い人がいらっしゃって、まるで忍者のように、山道を駆け下りて行かれたので、びっくりしてしまいました。

足の裏にバネでも付いているのではないかと思うくらい、足元の悪い山道を軽々と跳ねているのです。トレランのどんなところが楽しいのですかとお聞きしてみたら、「自然が美しいのはもちろんですが、難しい道を攻略する楽しみもありますね。」とのことでした。

あっという間に後ろ姿が見えなくなってしまうので、本当に、どうやって走っているのか不思議でなりませんでした。

けれど、私は素人なので、今回は、山の中を小走りで走ったり、足元を確かめながら散歩するようなイメージでした。

涼しく、美しい景色

初めてトレランをやってみて感じたことは、とにかく山の中がとっても涼しくて気持ちが良いと言うことです。

最寄り駅からスタートし、目的の山まで2キロほど走ったのですが、真夏だったこともあって、とにかく暑い!

それが、一旦山の中に入っててしまうと、空気が澄んでいてひんやりしています。

最初に走る道を見た時は、「え?こんなところ通るの?危ないじゃん!」という印象でした。もちろん舗装などされていませんし、人1人がようやく通れるくらいの幅なのです。

初心者さんは、経験者に教えてもらおう

今回は、トレランに詳しい方が一緒に来てくださり、山道を走る前に、気をつけるべきことや、持ち物などについて説明してくださいました。

坂道が急なところでは、とにかく歩幅を小さくすれば、滑りにくくなること。

木の根っこが、土から見えているところは、滑りやすいのでなるべく踏まないようにすること。

などです。

ちょっとしたコツを教えてもらえる相手がいると、初めてのことにも安心してチャレンジできますね!こちらで探すと、いろんなイベントに巡り会うことができますよ!
スポーツのイベンを探すならこちら

人と出会うことで、チャレンジできることも増えてきました。

2017年、人と出会うことが楽しくなったらチャレンジが増えました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す