オンライン片付け講座を受けた母。子どもたちの反応は?

オンライン片付け講座を受けた母。子どもたちの反応は?

オンライン片付け講座で、ほんのちょっと暮らしやすくなり、気分が上昇中のいっぽとっこです。

私の変化を間近に見ている子どもたちの反応はどう?と友人に質問いただいたので、お答えしますね。

「なんで片付ける気になったの?」

なんで片付ける気になったの?

そう聞かれました。

なぜだったのかしら?

一つは、オンライン講座をしてくださったのが、一緒にコーチングを学んでいた浩子さんだったから。

もう一つは、浩子さんの言葉に勇気をもらったからでした。

「片付けって、しつけの範囲内のことだから、自分でできるようにならなきゃいけないって思っている人が多いんだけど、ちゃんと理論があるの。」

「片付けができてないことで、自分を責めないで!お料理をプロの方に習うように、片付けもプロから学んで、その人の暮らしに合ったやり方を身に付ければ、必ずできるようになるのよ」

もしかして、今までとは違った片付けができるようになるかも!

そう思ったのがきっかけだったのです。

こうやって文章に書くと、よく思い出せるのです。

けれど、急に聞かれた時は、ちゃんと応えることができませんでした。今度ゆっくり話そうと思います。

基本、子どもの変化は、なし。

お母さんが片付けを頑張っていると、子どもたちにも良い影響があるのでは?

そんな一石二鳥のようなことも少し考えました。

けれど、残念ながら今のところ変化はありません。

相変わらずたたんだ洗濯物がリビングに置きっぱなしだし、子ども部屋の様子も、怖くてあまり見ていませんが、多分、変化なしです。

たまに片付けると、「お母さん、部屋、片付けたよ〜〜!見て〜」と言ってくることもあるので、多分変化なしです。

そぉ〜〜っと、子どもたちの部屋をのぞいてみました。

やっぱり変化はありません。

日常の生活が幸せです

今の季節、子どもたちが毎日使うマスクやカイロの置き場所が変わりました。

「マスク、どこだっけ?」と、1,2回聞かれましたが、その後は日常の生活に変わりはありません。

そのうちに、オンライン講座を受けてみようって言い出さないかしら?

子どもにちらっと、「オンライン講座で、カメラから部屋を見てもらったらどう?」と言ってみました。

「無理!!」

と即答。

年頃ですから、そんなもんでしょうね。

そのうち、片付けたくなったら、お手伝いしてもらいましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す