「人生が整う 家事の習慣」で今年はトイレ掃除もバッチリ

「人生が整う 家事の習慣」で今年はトイレ掃除もバッチリ

掃除、洗濯、料理の中で、整理整頓を含む掃除が苦手ないっぽとっこです。

今年は、トイレがいつも清潔な状態にします!(←宣言)

ついつい後回しに

毎日すれば良いのに、後回しになりがちでした。

よし!と、決意するきっかけになった本はこちらです。

とにかく、ワンアクションなんですね。

1つの動作で、

すぐ掃除できる。
すぐ捨てられる。
すぐ取れる。

そんな感じです。

このワンアクションというアイデアは、昨年、オンラインで片づけ講座を受けた時もお聞きしました。

オンラインで片付け!本では分からない我が家の事情

トイレ掃除が面倒だったわけ

早速我が家でも実践です。

トイレ掃除をしながら考えてみると、やっぱり邪魔だったんですね。
これが。

ただでさえ狭いトイレの中に、掃除道具やトイレットペーパーの予備などを置くために、100均で準備したものでした。

買ってきたときは、「なかなかうまくいった!」と喜んでいたのですが、やっぱり邪魔でした。

何が一番邪魔かと言うと、トイレマットに少し重なっていたんですね。

それで、撤去!!

上段のわずかなスペースに、掃除道具やトイレットペーパーを保管することにしました。

ちょうどいい大きさのもので、中が見えないものがなかったので、ペーパーナプキンで隠しています。

そのうちぴったりのものがあったら交換しようっと。

毎日必ず1枚分掃除する

こう考えれば、続けられそうです。

1枚分だけ、掃除するのです。もう少し掃除したかったら、続行します。

もう少し、お安いのが良い方は、こちらで。

私は、もちろん「安いの派」です(^^)。

「人生が整う 家事の習慣」の監修は、「知的家事」をテレビなどで推奨している本間朝子さん他お二人。

本間さんが推奨する家事の棚卸をしてみましょうと言うおすすめは、腰が重たくてできそうにありませんが、「ワンアクションでやれるようにしよう」というフレーズには、深くうなずきました。

掃除って、やっても必ず明日には汚れていますよね。

トイレもその典型です。

今年のいっぽとっこのトイレは違います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す