人生初めて真面目に1年の目標を考えたらみえてきたこと

人生初めて真面目に1年の目標を考えたらみえてきたこと

こんにちは。いっぽとっこです。
40数年生きてきて、初めて真面目に1年の目標を考えてみる気になりました。
「やりたい仕事」とは、少し離れたところにある今の状態をどうするのか。
そんなことを考え始めたのです。

会社では、定年退職後に再雇用を希望する人がほとんど。
けれど、その仕事を楽しんでやっている人はわずかしかいません。
次は自分の番だ。
定年退職が現実のものになってきた今、先のことを考えたくなったのでした。
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-1

望むのは固定概念に縛られない自由な気持ち

今年のテーマは「人生を楽しむ!」です。

これまで「しなければならない」ことが一日の多くの時間を占めてきました。
仕事、家事、育児。
毎日、毎日、バッターボックスに立ち続けてきました。
おかげで、かなり筋力は付きました。
以前の自分と比べたら、見違えるほどです。

一方で、眉間にしわが寄ったり、呼吸が浅くなったりといったこともありました。
笑顔が消えている時間も増えたのです。

望むのは、固定概念に縛られない自由な心。

それだけです。

経済的な自立

自分がやりたいと思うことで、誰かの役に立って収入を得ていきたい。
それは、今の仕事のまま努力し続けることで叶うことではありません。

今年は、自分の「好き」で収入を得るための具体的な行動を起こしていきます。
平均寿命から行けば、あと30年も生きることができるんです。
これから30年間やるとしたら、ワクワクすることじゃなきゃ!

苦手な資産管理も、資産運用も今年は本気でやります。

好き、ワクワクを大事にした次の人生

自分の感性を大事にして、やりたかったことを残らず全部やることにします。
ブログ発信もその一つ。
今年は、もっと楽しんで発信します。
独りよがりでも、人から見たら何それ?と言われるようなことでも、自分が楽しいと思うことは残らずやってみたい。
そこから新しいエネルギーが生まれてくる気がします。

下支えとなる広がり

給与以外の収入を得るにしても、好き・ワクワクを大事にするにしても大切になってくるのが「広がり」だと思います。

人見知りするので、新しい出会いに飛び込むのが苦手。
けれど、頑張って出かけてみると、思いもかけない嬉しいことに出会うこともあるんです。

自分だけの狭い世界にいたくない。
いろんな価値観に触れて、自由な考えを持ち続けたい。
子どもたちにも、そうやって生きて欲しいと思います。

今年も新しい年が始まりました。
家族がそろって元気に新年が迎えられたことに感謝します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す