コーチングセッションの練習会に参加してきました!

コーチングセッションの練習会に参加してきました!

12月にラーニングプレイス塙英明さんのコーチングスクールを卒業したいっぽとっこです。

今回は、コーチングスクールを卒業した人、在籍している人が集まって、セッションの練習会に参加してきたご報告です!

セッション練習会は何をする?

とにかくセッションの練習です。二人一組になって、お互い10分から15分のセッションをし、フィードバックをします。

この目的は、他の人のコーチングを実際に体験することで、自分のコーチングのやり方を振り返る良い機会になります。

いろんな方がコーチングをされています。

その人なりのやり方があるので、自分のやり方の幅を広げる良い機会になります。

また、まだまだこれからも学んでいくので、一緒に学んでいく仲間を作る機会でもあります。

何が楽しみ?

コーチングスクールの時もそうでしたが、セッションをすることも、セッションをしてもらうことも楽しみです。

自分のことを自分で決めていけるのは、小さな自信につながっていきます。

自己決定を実践する気持ち良さ。コーチングを学んでいます

セッションをしてもらうと、自分の中でモヤモヤしていたことも、コーチに話を聞いてもらうことで整理され、次のステップに進むことができます。

今回の私のテーマは?

セッションで何を話しをするかは、クライアントが決めていきます。

何の話をしたいか決められない時は、その時にクライアントが浮かんだことを少しずつ話をしてもらい、そこから糸口になることがあれば広げていくこともあります。

今回の私のテーマの一つは、2月、3月の時間の過ごし方でした。

これから3月までの間に、私の中で大きなことが3つあるのですが、それをちゃんとこなしていけるか、心配だったのでテーマにしました。

3つのことというのは、次のとおりです。

1 4月の1日付けで移動することになり、引っ越しをすること。

2 3月10日に名古屋ウィメンズマラソンがあり、完走を目指していること。

3 コーチングのセッションをもっとしていこう!と思っていること。

この3つについて、頑張っていきたいのですが、やりきれるかどうかが心配でした。

コーチ役の方に、話をじっくり聞いてもらい、私が自由に話せるようにしてもらったおかげで、モヤモヤが吹っ飛びました。

話をする前は、自分の中で、何を不安なのか?どういったことが解決すればいいのか?モヤモヤとしていたのです。

「この3つの中で、何が一番大変そうですか?」という質問をしてもらい、考える時間をもらったことで、少しずつはっきりして行きました。

つまり。

1 引っ越しは何度もしているので、慣れているけれど、特にお風呂の掃除が面倒だと思っていたこと。

2 名古屋ウィメンズマラソンのため、もっと練習時間を増やさなければ!と思っていたけれど、今の自分のできる範囲で練習しようと思えたこと。

  具体的には、あまり欲張らず、月間100キロくらいで良しとしよう!と、すっきり思えたこと。

3 コーチングのセッションも、マラソンの練習日には入れないようにするなど、自分でコントロールしようと整理できたこと。

あ〜スッキリした!

コーチングを受けることで何が起きるか

やっぱり、人に話をよくよく聞いてもらっていると、自分の中で整理されていくのですね。

それを体感しているので、多くの人にその楽しさを味わってほしいと思っています。

セッションの募集も始めますので、しばらくお待ちくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す