フロストバイトの5キロコースとアメリカンな食べ物

フロストバイトの5キロコースとアメリカンな食べ物

先日横田基地のフロストバイトに参加してきました。今回は、コースの風景と、走った後に食べられるアメリカンな食べ物についての記事です。

フロストバイトとは?は、こちら

スタート地点はこんな感じ

5キロのスタート前です。ひしめき合ってますね!終わったら年代別に3位まで表彰してくれるのですが、早い方は、5キロを20分以内に走られます。

キロ4分を切る計算!すごい!

広大な敷地

今回は5キロ走ったので、あっという間に終わってしまいましたが、何しろ敷地が広大です。

なぜか敷地内に線路もあります。いろいろ運ぶんでしょうね。

飛行機の写真も撮り放題です

ハーフは、もっといろんな飛行機を見れるかもしれません。こんな飛行機を見たのは初めてだったので、かなり満足でした!

迷彩服のお兄さんと写真

多分ランナーのためのサービスだと思いますが、自転車に乗った迷彩服のお兄さんがいて、一緒に写真を撮ることができました。かっこいい!

エイドもアメリカン

5キロのほうは、走るとすぐに、唯一のエイドが現れます。

オレンジとバナナがざっくり置いてました。こんな置き方も、なんとなくアメリカンな気がします。

スポーツドリンクは、日本のものと違って、少し飲みにくい印象でした。

終了後は、アメリカンな食べ物をガッツリ

見てください!この焼いている風景。もう隣を歩くだけで、お腹がペコペコになります。

けれど、これを食べるには、かなり並ばないといけませんでした。

この写真は、5キロを走った後に、完走証をもらうために並んでいるところなのですが、これの2,3倍は、ステーキを買うのに並んでいたという印象です。

私がその風景を見たのは、5 km を走り終わり、ハーフマラソンがスタートした11時過ぎ頃でした。

あまりに長い列だったので、ステーキを食べるのはあきらめ、並んでいる列が少しだったコーンチャウダーを食べました。
一切れのパンがついて、500円です。

ココアも売っていました。

ステーキやハンバーガーも、ほとんど500円で売っていました。ワンコインでやり取りできるので、簡単ですね。

ドルで購入することもできるようです。

敷地内には、他にもいろんなグッズが売られていて、ぶらぶら散歩しながら眺めるのも楽しかったです。

来年は、ハーフを走ってみたい気持ちと、5 km 速く走り終わって、がっつりステーキを食べたい気持ちとの間で、揺れています!

トイレ、更衣室情報はこちらです。

2019年フロストバイトのトイレ、更衣室情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す