30キロ走にチャレンジして挫折しました

30キロ走にチャレンジして挫折しました

今年の3月10日にある名古屋ウィメンズマラソンにチャレンジするいっぽとっこです。

大会が近づいてきたので、30キロ走にチャレンジしたのですが、途中で足が痛くなってしまい、完走できなかったお話です。

最初の10キロはラクラク!

これはもう楽勝でした。

最初はとっても調子が良かったのです。

けれど、飛ばしすぎると後から必ずへばってしまうと思ったので、だいたい1キロ7分半のペースで走りました。

今日は絶対30キロ走れるに違いない!

そう確信していました。

日が射して暖かかったこともあり、気分よく走っていました。

次の10キロも大丈夫でした。

自宅から15キロ遠くまで走り、それから帰ってくるコースで30キロ走る予定にしていました。折り返して少し走ったくらいのところでした。

うんうん!
いい調子!あと10キロだーー!

ところが。

22キロくらいから

この辺から、急にふくらはぎが痛くなってきました。信号で足止めをされるたびに、屈伸をしても痛みがひどくなる一方です。

25キロ地点。痛くてもう走れない!
ついに走ることができなくなりました。

スタート時間が午後1時半と遅かったこともあり、この時点で午後5時くらいでした。

残り5キロ。

この足の痛みで、1キロ12分に歩いたとしても、家に帰るまで1時間かかります。

自宅に帰るのは午後6時。

地下鉄の沿線を走っていたので、いつでも地下鉄に乗って帰ることができました。

けれど30キロ走れなかった上に、途中から地下鉄に乗ったとなっては、あまりにもかっこ悪すぎる。

いえ、本当のことを言えば、走る気満々の格好をしているのに、地下鉄に乗っていることで、周りの人から、走るのが嫌になったのねと思われるのが嫌だったのです。

なんて見えっ張りなんでしょう(=^▽^)σ

とにもかくにも、残りの5キロを走ります。

寒い!!

走っていると、体がポカポカするのですが、歩いているとこれは寒い!

往路で1枚脱いだ長袖のシャツをコンビニのトイレで着込みます。

ついでに、温かい飲み物を買って、また歩き始めます。

あったかい我が家はまだか?

あと少しあと少し。

・・・・

到着!!

こんなんで、フルマラソン走れるのか?と思った一方で、7月に小布施見にマラソンでハーフを走った時は、20キロでもかなり辛く、もう無理と思いながら走っていたので、その頃に比べると、脚力がついてきたのかなと思いました。

もう一つ。
翌日に足の痛みがほとんどなかったので、それはよかったと思いました。

走った後は、痛みがあってもなくても、必ずアイシングをしているのですが、そのおかげかもしれません。

アイシングは、毎日の歯磨きのようにやりましょうと、Momonaランニングクラブの津金さんに教えてもらいました。

とにもかくにも、30キロ走ったり歩いたりしました。

本番だと、沿道に応援の人がたくさんいるし、他にも走っている人がいっぱいいるから、必ず完走できるよ!

ゴールは逃げないからね。走っていれば必ずつくよ!

そうやって、先輩たちが教えてくれたので、それを信じて頑張ります!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す