チホさんの「7つの習慣ボードゲーム」に参加してきました!

チホさんの「7つの習慣ボードゲーム」に参加してきました!

チホさんの7つの習慣ボードゲームに参加しました。

チホさんは、7つの習慣BG 認定ナビゲーターで、ライフスタイルのコンサルタントをお仕事にされている方です。

太陽みたいにキラキラしていて、どの人にもあったかい笑顔で接してくれる素敵な方です。

7つの習慣は、アメリカのコビー氏が書いたベストセラーの本です。ボードゲームは日本人が考案したものだそうで、日本人が学ぶのにぴったりなんだとか。

7つの習慣ボードゲームで学べることはこちらです。

お金が欲しい!と言えますか?

最初に銀行から配られる資金は、ほんのわずかなものです。そのわずかな資金で、人を雇ったり、プロジェクトに挑戦する場面に出会います。必要な研修も受けたいです。

一見、自分にだけ都合のいいことで「お金が欲しい!」と口にするのは、とても勇気がいります。

けれど、口にしてみなければ分かりません。もしかしたら、気のいい人が貸してくれるかもしれません。

その後、余裕ができた時、または、相手が困っているときに必ず助ける行動ができれば、それでお互いにwin-winです。

「お金は、後からついてくるのよ」

ゲームが終わった後のチホさんの言葉が印象的でしたし、ゲーム後半の参加者の行動は、まさにそんな感じでした。

信頼が築かれ、全員で上がれるように「その人が上がれるには、何が必要なのか?」みんながそれを考えていました。

何より大切な信頼残高

ゲームを通じて一番実感したのは、信頼の大切さです。

信頼できる人と信頼の輪を広げていくことがゲームの中で成功していける鍵になります。

信頼は、プロジェクトに参加、貢献していくことで、少しずつ集めることができます。

実際の生活でも同じことが言えます。誰と信頼関係を築いていくか?その相手も信頼できる人と築いていくことになります。

誰が信頼できるかどうか分からない時は、とりあえず出会った人に、自分のできる範囲で親切にしていきます。

第7の習慣「刃を研ぐ」

面白いと思ったのは、ステージが上がるほどに、刃を研ぐことが簡単になっていくことです。

刃を研ぐ機会が、たびたび訪れる仕組みになっているからです。知性、体力など、スキルと言われる刃です。

現実世界では逆のことをしている?

こうしてボードゲームをしてみると、現実世界では、逆の行動をしていることに気づきます。

スキルアップのために、一人でコツコツ頑張りすぎていたり。

自分に必要なものを「○○が必要です!」と言えなかったり。

必要なものがお金の場合は、なかなか口にすることができません。

いったい人生で成し遂げたいことは何なのか?そんなことは、すっかり後回しになってます。

チホさんがゲームの途中、何度も口にされていたのは、

「自分に何が必要なのか、みてくださいね。周りの人が何を持っているかもみてください」

ということでした。

自分に必要なことを助けてくれるスキルを持っているのは、誰か?その人と、どんな交渉をしたら、相手も喜んでくれて、自分も幸せになれるのか?です。

今回のゲームは、後半、参加者7名が総立ちになってました。誰がゴールにたどり着いていないのか?全員が無事にたどり着くには、どうしたらいいのか?

全員が、そのことだけに集中していました。

そして。

見事、全員がゴール!

最後にゴールしたのは、私でした。

もしかしたら、私だけ、上がれないかもしれない。

それでもいいけど、でも、やっぱり自分も上がりたい。

そう思っていたら、他の人が自分に必要なカードを引いてくれて、それを私にくれたのです。

見事、7人全員が上がり!

こんな風に全員が上がるのも珍しいとチホさんが言われてました。

7人全員が高揚した気分で会場を後にし、幸福感で包まれていました。

これは、きっと現実世界でもできるのかもしれない!

そんな風に思いました。

準備してくださったチホさん、場所を確保してくださったラーニングプレイスの塙さん、参加された皆さん。

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す