人生16回目の引越し!6日前は、今回の準備がラクチンな理由を3つ

人生16回目の引越し!6日前は、今回の準備がラクチンな理由を3つ

今回の引っ越しとともに、子どもが一人暮らしを始めます。その準備も忙しかったのに、何故か今回は余裕がありました。理由は、3つありました。

ホットクックとヘルシオのおかげ

引っ越し準備をしていても、毎日ご飯は作ります。ここで、去年買ったホットクックとヘルシオが大活躍しました。

特にホットクックは、材料と調味料を入れて、スイッチを押すだけ。

電気釜のホットクックは、煮たり、炒めたりが大の得意です。

ホットクックやヘルシオが料理をしてくれている間、片付けがはかどりました。

鍛えられた時間ブロック

これまでの引っ越しは、ギリギリまで仕事を詰め込んでやっていました。くたくたになるまで仕事をやって、それから片付けをしていたのです。

そりゃ疲れるでしょ!

でも今回は、違いました。

時間ブロックの仕方が上手くなっていたのです。マラソンの練習を確保する中で、上達したのです。

マラソンの練習をしようと思うと、週末だけやっていたのでは、間に合いません。

平日に時間を作る必要があるのですが、そうすると、早く帰るようになり、日中の仕事の段取りが違ってきます。

決断も早くなるし、一人で悩む時間も減りました。

早く結論を出したり、解決策を見出すためには、分からないことは、人に聞く!という行動になります。

くよくよ悩んでいる時間がないのです。

誰かに聞くときも、「今は、忙しいかな?もう少し後にしようかな?」なんて考えない!即、聞く!

これで、物事がかなり早く片付くようになりました。

遅くとも夜7時には、家に帰っている状態を作るという時間ブロックがうまくいったのです。

早めに計画を立てる

時間ブロックが上手くいくと、引越し作業について、計画を立てることができるようになりました。

子供たちにも、早い時点で「●月●日には、子供部屋にワックスをかけるから、それまでに荷物の片付けをしてね!」と伝えることができました。

私自身も、早めに計画を立てることで、段取りの目安を持つことができ、むやみに焦らないようになったのです。

「今日は、ここまでやれば大丈夫」

引越しに慣れてきたということもありますが、計画を立てることができたということは、私にとって大きかったです。

自分に負荷をかける

今の自分には、少しレベルが高いかなと思うことにチャレンジすることで、ふいにできるようになることがあります。

そういう意味では、仕事に感謝です。マラソンに出会えたことにも感謝です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す