睡眠時間7時間を確保する3つのステップ〜お助けTaskChuteCloud

睡眠時間7時間を確保する3つのステップ〜お助けTaskChuteCloud

克服したいダラダラSNS

もう少し睡眠時間を確保した方がいい。
多くの人が思っているのに、なかなか実行できません。
ダラダラとSNSを見てしまうことを辞めたいと思っているあなた。
どうしたらいいんでしょうか。

朝の逆算を夜にも適用しよう

会社勤めをしている人は、たいてい家を出る時間が決まっていますよね。
遅れたら大変です。
家を出る時間から逆算して、布団から出て、ご飯を食べて身支度をします。

そしたら、夜も朝と同じことをすればいいと思いませんか。

布団に入る時間を最優先にする

私の場合は、次のとおりです。

【ステップ1 22:30】
23時に寝ることを再認識。
残っている家事をやっつける。

【ステップ2 22:45】
布団の上で、スマホアプリ10年日記で1日の振返りを入力する。
時間が余ったら、Kindleで読書又はストレッチ
(スマホで読書しないのがミソ)

【ステップ3 23:00】
布団の中に入って眠り始める。
スマホは機内モードにしておくと、通知音の誘惑がなくなる。

コツは、ステップ2です。
22時45分に、①布団にいる、②この時点で機内モードにしておく。
です。

すると23時には必ず眠れます。

スマホ機内モードは、本当に便利です。
友人に教えてもらいました!絵本の読み聞かせで活躍しているゆうゆうちゃんです。
「優有の絵本の庭」こちら

なぜ睡眠時間を意識するのか

以前の私は、睡眠時間が6時間から6時間30分くらいでした。
そうすると、特に午後は眠気と戦わなければなりません。
家に帰ってからも疲れがちで、グタグダでした。

けれど、睡眠時間7時間にしてからは、帰宅後も結構元気なんです。
最近は、ハーフマラソン完走を目指して、定期的にジョギングもやり始めました。

きっかけは、2つありました。
一つは、先程のゆうゆうちゃん。
そばで話を聞いていてもすごく忙しそうな彼女。
その彼女が「睡眠時間は7時間取ろうと頑張っている」というのです。

これは奮起しました。

もう一つは、TaskChuteCloud。
毎日ログをとっていますが、夜にやることが多すぎたんです。
1日のタスクすべてが終わる時間を見ると、25時という表記が!

睡眠不足で体が疲れている上に、やることをたくさん詰め込みすぎていた。
ようやく自分で認めることができたのでした。

わかっているようで、なかなか客観視できないのが自分。
これからも7時間睡眠を確保して、仕事から帰っても楽しい時間を過ごすことにします。
10年日記アプリはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 生地屋

    私の場合 睡眠時間確保が、第一優先です。翌日のパーフォーマンスが 目に見えて落ちるからです。個人差があると思いますが、私の場合7.5時間寝ると ちょうどいいです(質も大事ですが)。以前は7時間だったのですが、ちょっと不足気味で 翌日午後から 眠くなる時がありました。

    なので7.5時間に増やしました。半年くらい経ちましたが これが私にあっているようです。

    • By いっぽとっこ

      生地屋さん。コメントありがとうございます!
      本当に睡眠時間って、大切ですよね。今までどれだけなおざりにしてきたか分かりません。
      午後から眠くなるのは、仕方ないと思ってましたから。
      それでも、「6時間以上寝てるんだから、足りているはず!」と思い込み、自分の現状を直視してなかったんですね。
      ちょうどいい睡眠時間は、人それぞれ。
      私も生地屋さんを見習って、微調整もしてみます\(^o^)/。

      • By 生地屋

        そうです、個人差大きいと思います。友人で毎日6時間でもOKのやつがいるかと 思えば、9時間でないとダメってやつも いました。

        • By いっぽとっこ

          生地屋さん。
          9時間の人もいらっしゃるんですね!
          子どもが、結構、休日に寝てばかりなので、どうなんだろう?と思ってました。
          それは、彼のリズムなのかもしれませんね。

          以前、本を読んで、朝4時起きをチャレンジしたこともありました。
          朝、早く起きて学んでいるって、何かカッコイイ!と思ってたんです。
          頑張っている雰囲気だったんです。
          けれど、長続きしませんでした。
          それは、「その人の体調」であって、私の体調ではなかったのです。

          何でもそうなんでしょうが、人と比べず、自分の感覚に耳を済ませることが大切ですね(*^^*)。

          • By 生地屋

            睡眠時間確保しながら(早く寝る)、3-6ヶ月続けると 朝4-5時起きは そう言う体質になると思います(笑)。慣れが必要かと。

            朝は邪魔が入らないので、有効につかえまよ。

          • By いっぽとっこ

            生地屋さん。朝派ですか!
            私は、朝が弱くて・・・。寝ぼけながら、ポケポケしながらでもやれる家事を、朝にセットしてます。
            朝5時だと、午後10時就寝。ムムムです。
            朝の時間を有効に使っている生地屋さん。素敵です!

  2. By さんぽ屋

    このコメント欄でのやり取りも参考になりました!

    • By いっぽとっこ

      さんぽ屋さん、こめんとありがとうございます!
      本当にさんぽ屋さんのお陰で、自分がついこの前に書いたこのブログの中身を見直すきっかけになりました。
      あら!私って、結構いいこと書いてるじゃん笑って。

コメントを残す