マネージャー歴17年がコーチングで役に立つ理由

マネージャー歴17年がコーチングで役に立つ理由

マネージャー歴17年で、女性の迷えるステップアップを応援するラーニングプレイス認定コーチのいっぽとっこです。今日は、17年のマネージャー歴がコーチングに役立っている理由について説明します。

コーチングセッションで大切にしていること

コーチングセッションでは、クライアントさんに、話してみたいことをじっくり話していただきます。

一気にお話しなさる方、ポツポツとお話しなさる方、それぞれです。

私がセッションの時間で大切にしているのは、クライアントさんのペースに合わせて、お話しをじっくり伺うことです。

クライアントさんによっては、
「こんなまとまりのない話で大丈夫かしら?」

「全然、結論が出ないんだけど、これでいいのかな?」

「愚痴ばかりを聞かせてしまって、申し訳ない。」

と心配なさる方がいらっしゃいますが、全く心配ありません。

なぜなら、マネージャー歴17年の経験があるからです。

マネージャー歴17年とコーチングとの関係

それでは、長年、マネージャー歴をやっていることと、コーチとして話を聞くことと、どう関係があるのでしょうか?

マネージャーというのは、ただ指示をすれば良いというものではありません。

やはり、人の話をよく聞くというスタンスが欠かせないのです。

誰の話を聞くのでしょうか?

それは、部下であり、調整する他部署のマネージャーであり、上司なのです。

もちろん、話を聞くことだけで、全てが解決するわけではありませんが、このスタンスがあるのと、ないのとでは、全く物事の進み方が違ってくると実感しています。

話を聞くことの大切さ

部下に指示をした時、他部署と調整する時、こちらの思い通りにいかないことがあります。

そんな時は相手とよくコミニケーションをとることが大切です。

特に部下が反対意見を述べるとき、単に「言うことを聞かない!」と片付けてはいけません。

とにかく反対するのが好きと言う人もたまにいますから、この場合は別の対応しますが、基本的にはやはり、話を聞くのが重要なのです。

マネージャーに話を聞いてもらう機会があると、言いたくても言えなかったことや、これまで困っていたことなどを話してくれます。

反対するのは、聞いてもらえなかったという体験が、上司という存在そのものに負の感情を持つ原因になっていることがあるのです。

これが一つ一つ解きほぐされていくと、意外に「わかりました」と言ってくれることがあるものです。

マネージャーを長くやっていると、こういった場面に出くわすのは決して珍しくありません。

このことを実感するには、私もかなり時間がかかりました。

その間に、たくさんたくさんの上司、部下、同僚、他部署のマネージャーと話をしてきました。

そして、結論としては、少し時間はかかるけれど、人の話をじっくり聞くことが、近道であることを学んだのです。

ですから、どんな話であっても、必ず何かに結びついていくという確信があります。

これを読んでくださっているあなたの話も、何かの始まりになると思っています。

ぜひ、お申し込みください。

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す