コーチングの練習が楽しすぎる理由

コーチングの練習が楽しすぎる理由

ランニングプレイス認定コーチのいっぽとっこです。コーチになってからも、コーチ同士でセッションの練習するのですが、それが楽しくてたまりません。なぜか?それは、自分が困ったな〜と思っていることが少しずつ解決していくからです。

諦めかけていたマラソン練習

フルタイムでマネージャーをしています。もうかれこれ17年!今年の4月に異動になり、バタバタしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまい、マラソンの練習がほとんどできていないという状態でした。

以前、住んでいた場所は、夜の練習がしやすかったです。

街灯がたくさんあり、夜の遅い時間でも人出が多く、寂しい場所はほとんどありませんでした。

ところが、今の場所は、街灯が少なく、というか、ほとんどない!!

住宅街なのですが、夜道を1人で走るのは、さすがに少し気味が悪くて、仕事が終わってから走る時間を作ることがなかなかできませんでした。

どうしようかなぁ。

どうしようかなぁ。

ちょっと無理かなぁ。

そんなことを考えながら、今回のセッションの練習のテーマは「マラソンの練習時間を確保する」にしました。

話しているうちに答えがひらめく!

練習相手のコーチに話を聞いてもらっているとき。

急にひらめきました!

そうだ。

ランニングマシーンを買うっていうのはどうかしら?

それで、早速調べてみました。

スポーツジムにあるようなランニングマシーンが家にあったら、夏の暑い時でも、雨が降っていても、おうちで走る練習ができるじゃん!

そういえば、以前、住民が安く使えるランニングマシーンがある施設に入ってみたことがあったのでした。

パルティせとでランニングマシン走ってみた!

どうしようかな。早速 Amazon で調べてみると、ベストセラーは5万円弱です。うーむ。ちと高いなーー。転勤があって、よく引越しをするので、大きな荷物はできるだけ買いたくありませんが、悩むところです。

ALINCO(アルインコ) 90分走行 プログラムランニングマシン [1年保証] 時速10km/16km 音声ガイダンス機能 心拍数測定 衝撃軽減クッション 保護マット付 歩行面サイズ大は、こちら。

おうちでランニングマシーンを使っている人って、どういう基準で選ぶんだろう?
ランニングマシーンのおすすめ人気ランキング10選はこちら。

この記事のうち、私だったら、第6位のものがほしい!
★値段が手頃。
★時速16キロ(つまり、キロ3分45秒)
 →そんなスピードで走ったことがないので、十分です。
★連続使用時間も90分。
★傾斜はつけられないけど、全然気にしません。

で、ですね。

通常、ランナーの方々は、「キロ○分で走る」というように、1キロを何分で走れるかといった表現をします。

私だったら、キロ7分。つまり1キロを7分位で走りますよってことですね。

けれど、こういうルームランナーは、時速○○キロまで出ますという表現なのです。

これ、ランナーたちにはピンときません。

こちらの記事がわかりやすいです。

時速と1km当たりの時間の関係は、こちら。

ふむふむ。

ルームランナーをおうちに!ちょっと考えてみよっと!

コーチングのいいところ

コーチングのいいところは、コーチがクライアントである私の話を、急かさずじっくり聞いてくれるので、どうしたいかを自分で考えることができます。

今回だったら、練習時間を確保するのにどうやったらいいかというテーマでした。

これに対して、私が思いついたのはルームランナーを飼ってみるのはどうかというアイデアでした。

自分で考えたアイデアだったら、やってみようかと思います。

けれど、人から言われたことだと、なんとなく気が進まないこともあります。

コーチングのいいところは、実際の行動を自分で考えるところです。

自分で思いついた時の気持ちの良さは、本当にわくわくうれしいものです!

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す