コーチングが仕事に役立つ理由

コーチングが仕事に役立つ理由

コーチングプレイス認定コーチのいっぽとっこです。コーチングって、生活の中で役に立つんですか?と質問をいただいたので、考えてみました。

一方的なコミュニケーションからの変化

マネージャーを17年やってます。

スタッフの中には、反応が早い人もいれば、ゆっくりの人もいます。

時間がある時はいいんですが、急いでいる時は、パッと反応がある人に頼りがちになります。

反応がいい人は、だいたい仕事もできることが多く、評価も高くなりがちです。

逆に言うと、すぐに反応が出てこない人に対し、じっくり待つということを、あまり意識しておらず、一方的なコミュニケーションになりがちだったのです。

相手の考えを聞いてみる

コーチングでは、クライアントが答えを持っているという前提で、お話を伺います。

話の途中で口を挟んだり、頼まれてもいないのに、こちらからアドバイスしたりしません。

じっくり耳を傾けることで、クライアントさんは、頭の中を整理でき、自分なりに「こうしてみよう!」と決めることができます。

この「じっくり待つ」姿勢は、パッと反応がこないスタッフと対応するときに役立っています。

以前だと、こちらから指示することが多かったのですが、

何か、考えを持っているんじゃないか?

と思うわけです。

そうすると、

「私は、こう思うんだけど、●●さんは、どう思う?」とか、

「●●さんが気になっていることは何かしら?」とか、

聞いてみようと思うようになりました。

そして、実際にも聞いてみると、案外、いろいろと考えていることがあったりして、

へぇ〜〜!なるほど!

となるわけです。

一番いいのは、相手の考えを知ることができると、ますますスタッフに関心を持てるようになり、人間関係が良くなっていくわけです。

人間関係がよくなっていくと、仕事も早くなります。

意思疎通にかかるコストも減ります。

ね?

毎日の生活にも役立ちそうですよね!

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す