甜菜(てんさい)糖の使用歴10年。シフォンケーキも膨みます

甜菜(てんさい)糖の使用歴10年。シフォンケーキも膨みます

甜菜糖でもシフォンケーキは膨らむか。

膨らみます。全く問題ありませんでした。
参考にしているのはこの本です。
「栗原さんちのおやつの本」

お菓子作りに使う砂糖というと、グラニュー糖じゃないと上手くいかないんじゃないかと思ってました。ましてや、膨らみに大切な役割を果たす糖分。甜菜糖は、粒子も荒いし、果たして卵白にうまく馴染むのか。
お送りします!

ドキドキスタート

冷蔵庫で冷やした卵白を低速で泡立てた後、甜菜糖を3分の1ずつ入れていきます。馴染むかな〜〜。

低速からスピードを徐々に上げて、高速にしていきます。まだ、甜菜糖のつぶつぶが残ってますが、かなり馴染みました。

高速でしばらく回していくと、つぶつぶはすっかり混ざりました。卵白も固く泡立ち、角が「ツン」としています。

焼き上がりも問題なし

170度で温めたオーブンで40分。
ぷくぷくと膨らんでます。型紙の大きさは17センチです。

ところが。ハプニングは、この後にありました。
逆さまにして、よく冷やしたつもりが、時間が短かったようなのです。

早く写真を撮りたいばかりに、1時間半ほどで型から外してしまいました。
型の外側を触ってみたら、冷たくなっていたので「よし!」と思ったのが間違いでした。

包丁で切ろうとしても、生地がふわふわして、潰れてしまいます。
切り口もこんな感じになってしまいました。

調べてみると、スポンジの生地が落ち着くのに、一晩くらい時間を置くのが良いそうです。
急ぐ場合でも3,4時間は必要だとか。
シフォンケーキの美味しさは、切り口の美しさにもあるんですよね〜。
味は美味しい!ふわふわもよし!
次は、断面も上手に切れるように、よく冷やしてから切ろうと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す