炊飯器保温で失敗なし!胸肉ハムの3つのステップ

炊飯器保温で失敗なし!胸肉ハムの3つのステップ

炊飯器にお湯を入れて保温1時間で完成

今までの作り方は、次のとおり。
「沸騰したたっぷりのお湯の中に入れ、火を止めたらお湯が冷めるまで放置する」
けれど、お湯の量が少なかったのか、出来上がりを切ってみると、中まで火が通ってないこともあり、残念な気持ちになっていました。

ところが、炊飯器保温1時間なら、間違いなし!
3つの手順は次のとおりです。

その1 味付けをしてラップでくるみ、冷蔵庫で寝かせる。

お鍋で作る場合はこちらです。
「ほっとけばできる鶏ハム」
まずは、砂糖とお塩をまぶします
ラップでくるみ、ジップロックできゅっと締めます。

その2 お湯を沸かして炊飯器に入れ、鶏肉を入れる

ちょっと心配だったので、炊飯器内釜には、沸騰したお湯を入れました。
そこに鶏肉を入れ、浮き上がってこないようにおもしを置きます。お皿でOKです!

その3 保温で1時間

1時間後には、こうなります。
切ったら、こんな感じです。

ね?赤みゼロ。しっとりおいしい鶏胸肉ハムの出来上がりです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す