我が家のオーブンは、輻射熱か対流熱か。使いこなせば、いけるかも?

我が家のオーブンは、輻射熱か対流熱か。使いこなせば、いけるかも?

我が家のオーブンはどちら?

勝間和代さんが、「対流熱」や「輻射熱」で素材をじっくり温めると、素材から充分に味が出るので、むやみに味付けをしないですむと言われるんです。

我が家にもオーブンレンジがあるんだけど、どっちなんだろう?
そう思って調べてみました。

我が家のは輻射熱でした

「省エネ性能 カタログ 2010 夏年 版 家計にやさしい省エネ家電ランキング」

我が家のオーブンレンジは、Panasonic NE-M262。2009年11月発売です。
PDFファイルの右端に、緑色の四角い枠でページが示されていて、P49から電子レンジの説明が始まります。

5番を見ると、「オーブン部の加熱方式」について記載があります。

●上下ヒーター式…ヒーターが庫内に露出しているものや ヒーターが庫内に露出していないものは、輻射熱で食品を加 熱します。

●熱風循環式…ヒーターの熱をファンで庫内に送り込み循環 させて、食品を加熱します。

これだとなんのことか分かりません。
それで、我が家のPanasonicの機種を探してみました。すると「オーブンレンジ ヒーターの露出があるもの 庫内容積30L未満」のところに、「Panasonic エレック NE-M262」の文字が!!

そうか!我が家のオーブンレンジをオーブンで使う場合は、輻射熱だったんだ!
すっきりした〜〜。

取扱説明書にはのっていない。加熱方式。

取扱説明書に載っているのはこんな情報です。
上と下にヒーターが1つずつあるらしいです。
角皿スチームというやり方をすると、茶碗蒸しなんかができるみたいです。

我が家のオーブンも、じっくり温めれば素材の味を引き出すことができる輻射熱が採用されているということがわかりました!
本当は、ヘルシオも欲しいんだけど、今のオーブンでできることはないかなーと模索しています。輻射熱が採用されているオーブンレンジだということがわかって、嬉しい!

といっても、実は、ほとんどのオーブンレンジが輻射熱か対流熱が採用されているんじゃないか?
これが、取扱説明書でわかるといいのにな〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す