仲間のおかげ。8時間眠った後に見えた景色とは

仲間のおかげ。8時間眠った後に見えた景色とは

4時に起きて見上げた空

睡眠時間を8時間確保できた理由と、眠ったら午後も元気だったというお話です。
朝4時に起きて、気持ちよく空を見上げる日がくるなんて、思いもしませんでした。

今までと違う行動

その日は、とても疲れていたので、早く眠ろうと思っていました。
お皿も洗ってないし、洗濯物もたたんでない。けれど、今日は寝よう。そう思って、布団に入ったのは午後8時でした。

子どもたちにも「お母さん、今日は疲れてるから、早く寝るね。」と伝えます。リビングの隣りにある私の寝室は、子どもたちが見るテレビの音がふすま越しに聞こえるのですが、私が先に寝るときは、いつもテレビの音を小さめにしてくれます。

今までの私だったら、いくら疲れていても、午後8時に寝ることはありませんでした。だって、まだまだ「しなくちゃいけないこと」があったんですから。けれど、その日は違いました。

勝間塾で睡眠時間の大切さを学んだのです。おまけに、塾生の友人が、みんなで早く寝るようにしましょうっていうイベントを立ててくれたので、それに参加していたのでした。

4時に起きたら

さすがに眠りすぎたのか、体のあちこちが痛み、ギクシャクしていました。ところが、いつもならペースダウンしがちな午後も、シャキッと仕事ができるのです。勢いは、夜になっても衰えず、帰宅した後も、こうしてブログを書くことができているわけです。

集合知のおかげ


一人だと考えつかないようなことも、踏み出すことに戸惑いがあるようなことも、一緒にいるメンバーがやっていると、不思議と抵抗感が薄れます。これまでに経験したことのない午前4時起きの朝。吸い込まれるようなお月さまでした。

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 森川里美

    のんぴろさん、勝間さんメルマガの中で、ストレングスファインダーの活かし方をシェアしてくださって、ありがとうございます! 親密性を相手から学び自分の可能性を広げるツールとしてフル活用していますね!! 嬉しくなってコメントしました。森川

    • By いっぽとっこ

      わあ!森川さん!!直々にコメントくださり、ありがとうございます!嬉しいーーーーー!!!
      もう、森川さんに、あの時にアドバイスいただいたことで、親密性と責任感を上手に乗りこなせるように少しずつなって、辛くなくなってきたんです。
      あの時の出会いと学びがすべてのきっかけでした。
      ありがとうございました!

コメントを残す