定期的に振り返ることで、自己肯定感がアップする

定期的に振り返ることで、自己肯定感がアップする

先日、「半年を振り返る会」に行ってきました。すると、3つの素敵なことがあったのです。

振り返ることなんてある?

半年を振り返ったところで、

「これと言って、何かにチャレンジしたわけでもない。」
「何かの試験に合格したわけでもない。」

と考えてしまいがちではないでしょうか。
そんなあなたにこそ、是非、お友達とやってみてほしいのが振り返りです。
参考にしたのは、こちらのサイトです。
<振り返りの会概要>
40人のビジネスパーソンが絶賛した「1年の振り返り」完全マニュアル

振り返りの会に参加するときに、一番大切なことが、各自が振り返りメモを作っておくことです。上記サイトからダウンロードできます。

振り返りメモを書いている時の私

どうしよう。半年、何してたっけ?
あ~~時間がない!とにかく書いていかなきゃ。

どこから情報を集める?
そうだ!アプリの「10年日記」だ。あとは、Facebookやインスタグラムの投稿にも何かないかしら?

「こんな小さなことを書いてもなぁ・・・。」ということでも、用紙に隙間があるのは格好悪いので、とにかく埋めていきました。

50分間、3人の友人があなたのためだけに時間を取ってくれることの感動

4人1チームでシェアしていきます。1人に与えられる時間は50分間です。

50分間も話すことなんてない!

誰もがそう思うでしょう。けれど、そうじゃないんです。
何しろ、他の3人は、私が話している間、一生懸命に耳を傾けてくれるし、深く掘り下げる質問をしてくれます。

おまけに、テーブルの上には大きな模造紙が1枚。この模造紙に、4人が自由に発表者が話したことをメモしていくんです。

他のメンバーからの質問に対して、考えたり、話したりしていると、50分間は、あっという間に過ぎてしまいました。

考えてみてください。50分間も、誰かが私のためだけに時間を使ってくれるなんて言うことが、これまでにあったでしょうか。それも片手間に聞くんじゃないんです。
この貴重な体験から、私が気付いたことは、次の3つのことでした。

3つの気づいたこと

1 案外、半年間、頑張ってきたじゃん!と思えたこと
  半年間、何にもしてなかったわけじゃなかったんだ!と気づくことができます。

2 他の参加者のシェアから、大切にしたいことに気付けること
 今回は、「自己開示」をし
ていくと、不思議と周りから助けてもらえるということに、改めて気付きました。自己開示は苦手ですが、少しずつやっていくことで、もう少し、楽に過ごせそうな気がします。

3 自分の当たり前が、他の人にとっては当たり前じゃないことが分かること
  つい「こんなの、たいしたことない。」と自分のしたことを卑下しがちですが、他の参加者からのフィードバックを聞くと、「あれ?当たり前だと思っていたけど、案外、私ってすごいのかも?」という気付きがありました。

いかがですか?事前の振り返りメモを作って、お友達と是非、振り返りの会をやってみてください。新たな発見に出会えるはずです。

現在、コーチングを申し込んで頂ける日程は次のとおりです。

セッションのお申込みができる日程のご案内

お申し込みのフォームはこちらです。

コーチングセッションの申込み

ブログの更新が滞っている!という方は、こちらがぴったりです。

ブログ応援コメントのお申込み

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

いっぽとっこ

採用直後に当時の仕事に我慢できず、現場に行きたい一心で20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、合格。9割が男性の会社で、女性幹部として全国転勤。紆余曲折を経てシングル子育て中。引っ越し人生に終止符を打ち、これまで封印してきたワクワクにチャレンジしたいと思う日々を綴ります。

コメントを残す