プロフィール

プロフィール

やりたいことをやればいいんだって分かるまでに、7年くらいかかりました。
新卒採用当時、希望しない総務系に配属されました。現場に行きたい一心で、当時の支社を飛び出し、20代半ばに社内昇進試験にチャレンジし、なんとびっくり合格\(^o^)/。

9割が男性の会社で、マネージャーとして全国転勤を開始しました。男性メインの支社で、当時初の女性マネージャーとして迎えられ、とにかく珍しがられました。
 
昇進試験合格後に、一度は、現場に出させてもらったものの、その後は、マネージャーとして総務系に逆戻り。

マネージャーになりたかったわけじゃない!現場で働きたかっただけのに!そんな悔しい思いを持ちながら、出産、育児で時間が過ぎるうちに、今さら現場に行っても私なんか使えないんじゃないかと臆病になってしまい、一歩が踏み出せず、ぐずぐずと悩み続けます。
 
マネージャーをやってみて参ったのは、イケイケ姉ちゃん、やる気なし年上男性部下、コワモテ強気男性同僚、自分勝手なオツボネ女史、「知らんけど」が口癖の定年間近先輩の扱いに困って、トホホな毎日を過ごしました。
 
けれど、やる気ある同僚、疑問点・問題点を解決したい後輩とともに、身近なトラブルを一つ一つ片付けていくうちに、自分なりの働き方、マネージャー像をなんとなく作っていきました。
 
途中、シングルマザーとなり、子ども二人を連れての楽じゃない転勤生活を続け、ようやく子育てが一段落しようとしたとき、あれ?私って眉間にすごくシワを寄せてない?私が楽しいことってナニ?責任感ばっかりで生きてきたけれど、それだけじゃつまらない!
 
そんなときに出会ったのが、コーチングプレイスのコーチング。代表の塙英明さんからの一言が、私の背中を押しました。
 
「やりたいことだけ、やっちゃってください!」
 
「え?やりたいことだけ?」
 
「そうです!」
 
そうなんだ・・。やりたいことだけをやって、それでいいんだ・・。
 
そこからです。ホノルルマラソンに参加したり、コーチングが楽しくて、毎日、セッションやったり。
 
コーチングって、本当に楽しい!マラソンと似てるんです。やれば必ず成果が出るし、目標は人それぞれでいいし、何より自分で決めて自分で行動することが心地よくてたまらないのです。
 
これを読んでいるあなたにも、この楽しさをぜひ味わってほしいです!